ヘナデトックス体験~!ヘナでやるわよ、毒だし。

前々から非常に興味があった「ヘナ染め」

「ヘナで染めると髪がツヤツヤになるわよ」と聞いていたのもあるけれど

ケミカルを混ぜない100%のヘナだと

「ものすごいデトックス効果がある」

VOISの澤田オーナーから繰り返しきいていたのだ。

しかし、デトックスの効果のあまり、人によっては好転反応で

翌日、身体が重くなったり、頭痛がしたり、湯あたりしたようになったり

どうしようもなく眠くなったりするのだそう。

ということは

「翌日、寝込んでもいい日程」でないとダメなわけで

私の場合、正月明けの第1週を選んでやってきました。

どうせやるならキャンペーン中の「しっかりデトックスコース」

http://ameblo.jp/vois-1020/entry-12112678271.html?frm_src=thumb_module

 

そうなの。

毒をだす気まんまんなの

自慢じゃないが、毒と脂肪の多さには自信がある。

 

まずは「椿オイルのヘッドスパ」で気持ちよく

次にいよいよヘナで染めていきます。

ふつうのヘアカラーだと色素を抜いて、新たに色を入れていきますが

ヘナは今の地毛にそのまま塗っていく。

藍染に似たような独特の香りがするけれど、嫌いじゃないです。

 

そして、映画007に出てくるようなガウンに御着換え。

足湯につかりばがら、こちらのスチームテントに入ります。

ここで雑誌を読むこと30分。。汗だかスチームだかで

持ってた女性週刊誌は見事に「ゆっぱゆっぱ」になりました・・。

そして、今度はデコルテのリンパマッサージとともに

足つぼでさらに毒だし。

担当の粒ちゃんがやってる横で

澤田オーナーが「もっとよ」といって、

親指をぎゅーーとしたとたん

「いたたーーー」と絶叫。

痛い場所で内臓の弱い箇所がわかるのだそうだ。

ここで、「イタ気持いい⇔痛い」を繰り返し

ヘナ染めをすすぎ、乾かすとこんな風になりました。

 

ビフォー

アフター

髪にツヤでてるのわかりますか?

 

さらにこの日は耳つぼもやっていただく。

なんと左右12箇所貼っていただいてたったの800円!

 http://ameblo.jp/vois-1020/entry-12112677617.html

耳つぼというとダイエットが浮かぶけれど

精神、内臓、内分泌のバランスを整えることが大事だそうで

結果、ダイエットにもなるのだそうだ。

もちろん「食欲をおさえるツボも」やっていただいた。

耳つぼの全く見えない写真をなぜか掲示する・・・。。

 

「好転反応がでるかでないかは人によります」といわれていた翌日

でました、でました、てんこ盛り。

 

私の場合は

肩こりとは違った感じで肩や腕が重く、

そしてトイレではおしっこがやたら長い。

そして午後からはもうどうしようもなく眠くなり

高校サッカーの準決勝のテレビをつけながら深く熟睡すること5時間。

 

しかし、翌朝(つまり2日目)にはこのけだるさがスッキリ取れた感じ。

ちなみに、耳つぼ効果なのか、2日目あたりからご飯の量が減って

半膳で満腹になっています。

耳つぼ効果を見るのはもう少し、観察が必要ですが

ヘナのデトックス効果はあったみたいで、すっきり感が強い。
たまりたまったであろう50年の毒、まだまだ出そう。

ちょっと定期的に続けてみます。

 「デトックス」についての詳しい店長ブログはこちら

http://ameblo.jp/vois-1020/entry-12112678048.html

 

_取材協力 HAIR&FACE VOIS(ヴォイス)

 http://cpstyle.jp/morioka/shops/32124

紫波町高水寺中田3-3

電話:019-676-6767

営業時間:9:30~18:30最終受付

定休日:月曜・第1第3火曜定休

※のびあ会員証提示で

施術料金5%引きです。(他のクーポンや割引との併用なし)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 |

まきりん50才にして人生初のまつエクしてみた

どうもうちらバブル世代というのは

まつ毛メイクにおいてはちょうど狭間世代みたいで、

いしだあゆみさんが「ブルーライト横浜~」と

つけまつ毛ばさばさで歌ってた頃は幼児だし、

いわゆるガングロメイクが流行ってきた頃にはすでにいい年だった。

なので、マスカラか、せいぜいがまつげパーマぐらいなもので

意外とつけまつげですらしたことなし。

私も高校生になった長女に「つけまつげ教えてよ」と言われても

教えられず、逆に教えてもらったぐらい

「まつ毛メイクについては遅れた世代」なのである。

つけまつげ、まつげパーマでこうなのだから

まつエクなんてハードルが高い・・・・。

けれど、45才も過ぎて

髪の毛のコシがなくなる頃と同時に

目の印象がぱっとしなくなるのだ。

「まつ毛の分量そのものが少なくなりがちな年代こそ、必要なものよね!」

ということで、やってきました。

まつエク専門店ピオニーへ。

盛岡駅から徒歩3分、スキップ2分

ホテルニューウィングの目の前にあります。

お店の中に入るとこんな感じ。

 

まずは

マッサージ椅子に座りながら

オーナーの高橋さんに「まつエクについて」説明を受けたあと

実際にデザインを選びます。

そう、まつエクといっても、

「目元をこう見せたい」があり、それに沿ってデザインをするのです。

たとえば

同じ100本といっても、切れ長に見せたいなら目じりを多くし

黒目を大きく見せるアイドル顔にするなら

中央を盛る。

さらには長さやカール具合もその目元デザインによって変わります。

 

巷では自然に、ナチュラルに見せたい・・という方が多いようですが

せっかく来たので、「マスカラ不要なぐらいバザバサにつけてほしい」と

お願いしました。

 

つけまつげはまぶたに接着剤をつけて装着するのに対し

まつエクは本来のまつ毛に装着していきます。

だから、もともとのまつ毛のはえ方に沿った長さやカールを選ぶのもポイントですよね。

私の場合、もとのまつ毛が長いことは長いけど、直毛なのがお悩みなので

イメージはこんな感じ。

http://ameblo.jp/robeena31823/theme-10045768276.html

 

はじめてなので、目元のイメージをアイデザイナーの高橋さんと共有したあとは

本数、カール、太さなどはお任せいたしました。

 

専用ベットに快適に横たわること約1時間・・・

はい、こちらです。

なんということでしょう!!

黒目大きく アイドル風、100本の完成~!

 

まつ毛に装着させた接着剤が完璧に乾くまで

若干目じりがつるような違和感がありましたが

一晩寝たらなくなりました。

 

帰宅後、目元の写真を撮ろうとして自撮りしてみたけど

自分で自分の目元を撮るって難しい・・・

何度撮ってもホラー映画になってしまう・・

いちばん、まともに撮れたのがこれです。

 

ほんとは「目ヂカラありあり」なんですっ!

 

目元を立体的に見せるテクというのは

 アイライナーやアイシャドーでも出来ないことはないのですが

まぶたの幅の範囲ですることなので、おのずと限界があります。

あんまりやりすぎると歌舞伎俳優になってしまうしね。

それに比べると、まつエクは自由度、デザイン度が高く

「目ヂカラはアイラインよりまつ毛」ですね。

お顔を立体的に見せたい方は、まつエクだと思います。

オーナーの高橋さんは

「はじめてまつエクを経験したときの感動が忘れられない」のだそうで

細かい作業も全く苦にならず、「まつエクしてる時が幸せ」なんだそうです。

 

まつエク専門店ならではの技術で

目元を立体的に見せてくれるまつエク、「こうなりたい」をアイデザイナーの

高橋さん、熊谷さんに相談するとそのイメージ通りにデザインしてくれます。

駐車場代400円をキャッシュバックしてくれますので

車派の方も安心してお試しくださいませ。

 

_取材協力 サロンピオニー

 http://ameblo.jp/robeena31823/

盛岡市駅前通16-17-101

(ホテルニューウィングの向かいです)

電話:019-601-5523

営業時間:10:00~19:00

定休日:不定休

※のびあ会員証提示で

アイデザイナー熊谷さんの施術料金5%引きです。

 

カテゴリー: 未分類 |

滝沢でいちばんオシャレなカフェでパン教室♪

お手製のパンやケーキって女子力髙いし、

お母さんとしてもすごく素敵。

昨年だったか流行ったホームベーカリー、

家電芸人を見るたびに購入を迷った。

そんな私がはじめて「パン作り」を体験!!

参加したのは

滝沢でもっともオシャレなカフェ、コレクさんのパン教室体験会

(滝沢市篠木黒畑143-4 電話0196810334)  

 こちら

1階はセレクトショップ

2階がカフェ になっていて特にハヤシライスがおいしいお店。

実はオーナーの奥様はパンの先生で某大手の料理教室での人気講師だった方なのだ。

 パンとかケーキの先生ってなぜか必ず長身でそしてオシャレな方が多いけど

こちらの山火先生もまさしくそのような方!

華やかなエプロンがよくお似合いです

通常、パン作りというのは

計量→材料の撹拌→捏ねる→発酵→フィンガーテスト→成形→発酵→焼成

 という過程を経て行うものらしいけれど

正直いって、自分が今どの作業をしているのかさっぱりわからず・・・

 ほぼ片手で撮りまくった写真がコレだ!(私も捏ねたりしたから片手なのよ)

まず材料をボールのなかで高速撹拌し、そしてこんなふうになればOKみたいだよー

 「最初の2~3回はわけわからないんだけど

7~8回ぐらいやってみると生地がかわいい!と思うようになるんですよ」

とこちら熟練者の生徒さんです。

 生地がかわいい・・・ですって・・???

と初心者の私は思うわけだけど、このあとの捏ね作業で、

自分が頑張った分だけ、生地が思い通りになってくれるんだそうです。

 「手の指と指の間に入るとどうしようもなくなりますから

タカハシさん、手の腹でこねてくださいね」

といわれ、先生の見本をマネしてみるのだが

 私のは「手捏ね」というより力士の突っ張り

まあ、そんなドスコイ力士の私の生地も山火先生にチョイチョイ助けられながら

なんだかこんな風になった。

 

この美しい手はもちろん山火先生の手です

 山火先生のパンは

「添加物を極力少なくし、翌日も翌々日もふんわりとしたパン」という

オリジナル製法だそう。

発酵してる間、ジャムも手作りしてみた

 

 そのジャムをなかにつめて、きゅっきゅっと茶巾寿司の要領で搾る。

「タカハシさんのはちょっとこのへんが薄いから

焼いたらジャムがでてきちゃうかも~」

 とのことで卵をぬったあと

 「ジャムの爆発をアーモンドでふさぐ」

という初心者にして姑息な技を編みだしてみた

※本来の目的はトッピング

 

待つこと12分

 こうして高橋真樹、50年生きてきて初めてのパンが完成~!!

 4つのうち、1つがジャム爆発が起こっていたけれどまあ、立派なものよ

上にかぶせたアーモンドはそれなりに効果を発揮したらしい。。(自己満足)

 

 4つ作ったうち、当日はひとつを食べ、今朝、

「翌朝もふんわりはホントかどうか」を検証してみた

   うまーーい!!

ほんと、ボキャブラリーがないので

「旨い」しかいえませんが、焼きたての風味はなくなるものの

味そのものはほとんど翌日でも変わりないと思います。

 ふんわりしてる割に

パン1個の食べごたえがあるの。

 

 

 コレクさんでは

このパン教室体験会を開催中。

各時間帯で3人~4人なのでじっくりと教えていただけます。

また、体験会を経たあとは初級編、中級編と、

作るパンがグレードアップしていきます。

少人数だからこそ、先生にもしっかり見ていただけるパン教室。

日程はこちらのHPでCHECKしてください。

なお、日程にはない日でも極力対応したい・・とのことなのでご相談を。

お子さんと一緒とか、婚活にもよさそうですよ。

http://www.coreku.com/COREKU-e3-80-80BAKERY-e3-80-80-e4-bd-93-e9-a8-93-e.html

をクリック。

担当の山火先生です。

ブログはこちら

1階セレクトSHOPの入荷情報もありますよ。

http://www.coreku.com/blog.html

 

_取材協力 コレク

 

滝沢市篠木字黒畑143-4

(国道46号線セブンイレブン大釜店を滝沢市役所方向へ。曲がるとすぐ左です)

電話:019-681-0334

営業時間:11:00~19:00

定休日:毎週木曜日

※のびあ会員証提示で

「1階セレクトSHOPの商品が10%割引」です。

 

カテゴリー: 未分類 |

託児室併設の美容院イベントに潜入~!

盛岡市内に2店舗美容室のあるHUGさん。

仙北店には、保育士さんが常駐する託児室を併設!

ベテランの保育士さんにお子様を預けて、美容室内で癒しの時間を満喫できます。

しかも保育料金はなしで保険料のみの500円・・。

美容室のドアを入って右側がキッズルーム

 

しかもこの託児室では月1回イベントを開催しており、

「そちらは、美容室の利用者さんでなくても参加できるんですよ」とのこと。

10/29(水)の午前中のイベントにお邪魔してきました~!

今日はこちら。

始まってます!

中には、6人のママと3人のお子様たち。

子連れママはもちろんのこと、女性おひとりさま参加もOKなんですね。

講師は、HUGスタイリストの小山幸子さん。

 

「理想の眉を描いてみましょう。

この形から、邪魔になる毛をカットしていきましょう。」

・・・ということで

真剣!!

 

「カット後に眉を描いていきますが、

全てをペンシルで描くのではなくて、アイシャドウを上手く使うと自然ですねー。」

ということで、

デモンストレーションを見るまなざしも熱い!

 

一方、お子様たちは

 「ママはママ、私は私」と遊ぶ子もいれば

こんな風に

「ママに何するのーー!!」と必死の子も。

シェイバーの音にびっくりしたらしい。。。

そこはみなさん、上手に自分のお子さんを見ながら

変身しております。

 

眉を整える基本のお道具に、

こんな風な「眉専門のマスカラ」もあるのだそうで

「これで毛の流れを整えて、

眉尻だけ耳に向かってちょい足しすればOK。」

ほーら、自然にできました~!!

 

ということで、お次は色です。

①眉の下 ②アイホール(目のくぼみ)③きわ

④それぞれの境がはっきりしないように指でぼかしてあげる。

 

「目の上だけ頑張って終わりにしないように

目の下のきわは必ずアイラインかアイシャドウを。」

これで上と下とのつながりができるんですねー。

そして忙しいママたちに

時短メイクでおすすめなのが

まつげエクステ=通称まつエク なんだそうだ。

「まつエクしていれば指でアイシャドウつけて

眉かいて終了!でアイメイクはOK」

なるほど。。。

私の時代にはなかったわ。。。

 

ということで約1時間でメイクは終了し、

お楽しみのお茶タイム!

みなさん、こんな風にマイカップ持参でいらしてます。

 

「実は今日きた方はラッキー!小山さんが昨日、お料理教室で作ってきた

ケーキがあります」

ちゃんと「HUG」と書いてありますね。

え?これ本当に手作りなの?

ケーキ屋さん顔負けの質の高さ

すごすぎる・・・。

 

お茶タイムには、もちろんお子様たちも参加。

 

足りない?そこは持参のお菓子で。

たまごボーロが懐かしすぎる・・

 

初対面同士もあっという間にうちとけて

お昼前に解散となりました~!

 

キッズルーム専任保育士の右田さんと高嶋さんにお聞きしてみました。

「イベントは月1回。手づくり品を作ってみたり、アロマをやってみたり。

もちろん美容室を利用したことない方でも参加OKです。

このまわりは転勤族の方も多いので、

このイベントに参加してお友達を作った

なんていうのを聞くと嬉しくなります!

ここが地域の交流の場になってくれればっていうのが

美容室オーナーと私たちの願いなんです

10:00~12:00までたっぷりと楽しんでお茶もいただいて

参加費は500円。

写真右が右田真理さん 左が高嶋由美子さん

「ワンコインを基本に材料費のみ頂戴しています。

あ!ケーキはいつもあるわけじゃないので、今日は特別って書いておいてください」

と右田さん。

 

美容院利用者でなくても参加できる月1回のイベント。

イベントの告知や、応募、締切などはこちらのブログでお知らせしております。

 http://ameblo.jp/hugkidsroom/

 

なお、時短できるエクステほかおすすめメニューがいっぱいの

HUGのHPとフェイスブックページはこちら。

 http://hairmake-hug.com/index.php

https://www.facebook.com/pages/Hair-Make-HUG-%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%B0/695802827147072?pnref=story

 

美容院で施術中に託児室をご利用の方は

必ず前もってお電話で ご予約くださいね。

 

 

_取材協力 HUG仙北店

盛岡市西仙北1-35-48

電話:019-613-9393

営業時間:9:00~19:00

定休日:毎週火曜日と第3月曜日

※のびあ会員証提示で

「まつ毛エクステ、まつ毛パーマ、シェービングの各メニューより1000円引き」です。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 |

岩手のブランド豚「白金豚」は愛情いっぱい!!~白金豚農場見学~

去る11月21日(水)、白金豚の農場を見学してまいりました。

 

私が㈱のびあを立ち上げたとき、実現したいことのひとつが「生産地を訪ねること」で、

源喜屋さんがのびあの協賛加盟店になっていただいた時から、「豚舎の見学がしたいなあ」とずっと思ってきたのでした。

ところが、ここに立ちはだかるのが「防疫」の2文字。

白金豚を生産する高源精麦㈱のHPやブログにも「豚舎は社員であっても担当者以外は絶対立ち入り禁止!!」とあります。

それでもお願いしてみること数回・・・・そして今回、やっと特別に許可をいただきました。

行ってみてわかったこと。

それは「食の安全」 その言葉のもつ意味と責任の重さ!

あらためて見学を許可してくださった高源精麦㈱さまに御礼申し上げます。

 

さて、そんな貴重な経験をすることになった女子100会員は

高橋さん・三上さん・佐々木さんの3名。

ここで普通なら3名の顔写真をバーンと行きたいところですが、農場で写真撮るのに夢中で

帰ってきてみたらこれしか3人の写真がない・・・。

 

目しかでてませんが、写真右から、高橋さん・佐々木さん・三上さんです。

 

 

 

今日は農場見学が主目的ですが、その前にまず一行はこちら、花巻の源喜屋本店に立ち寄りました。 

「さっそく食べてるじゃないの?」と言われそうですが、

昼食に頂いておりますのは「白金豚ヒレステーキ定食」です。

はじめて白金豚のヒレを食べましたがすごーーく柔らかい!

焼き加減も絶妙で、うっすら美しいピンク色。

そしてヒレ肉の本来の味を堪能すべく、味付けはうす味。

ネギ塩にレモン汁でさっぱりといただきました。

おいしゅうございました。

 

その後、白金豚を生産する高源精麦株式会社の高橋誠社長より

直々でレクチャーしていただきました。

こちらが社長です。

 

 

まずは「白金豚」の名前の由来から・・。

もともと精麦を生業としていた高源精麦㈱が養豚部を開設したのは昭和39年。

「白金豚」の商標登録をしたのは平成13年だそうです。

 

「養豚業というのはたとえば臭いなど地域の方の理解と応援なしにはできない仕事です。

ですので、地域に愛される名前、

そして花巻の歴史と風土をすぐに連想できるような名前

がいい。」 と思案する高橋社長が出会ったのがこの一冊です。

宮沢賢治の「フランドン農学部の豚」という小説の次の一節です。

 

 「ずいぶん豚というのは奇体なことになっている。水やスリッパや藁を食べて、それをいちばん上等な、脂肪や肉にこしらえる。

豚のからだはまあたとえば生きた一つの触媒だ。白金と同じことなのだ。」

※商標登録をするにあたって宮澤賢治の御子孫の方から許可をいただいているそうです。

※文中の「スリッパ」は昔の藁で編んだスリッパです。

 

このエピソードにすかさず会員の三上さんが

「社長は何学部出身ですか?」

「文学部です」「さすが~」 などと盛り上がり、座学が始まってすぐに話しは脱線。

その後も、「豚肉はなぜ生食はいけないのか?」などの質問があがり、丁寧に答えていただきながら座学は続きました。

 

 

そして私は知らなかった。

 

白金豚の親はずっと白金豚で、

代々、白金豚から白金豚が生まれるものだと思っていたのですが、

お母さんとお父さんは別にいて、その交配種が白金豚なんですね。

 

お母さんはLWというランドレースと大ヨークシャーの混血種

お父さんはハークシャー種という黒豚

 

いわゆる豚の肉質はこの交配によって作られるそうで、

交配種をどうするかが各ブランド豚の命であり、オリジナリティーなんだそうです。

ちなみに、

「なぜずっと親が白金豚ではいけないのか?」 というと

「人と同じで血が濃くなると遺伝的にはよくない」 のだそうです。

 

 

そして白金豚は

豚の分娩舎と離乳舎を別の農場で分ける「ツーサイトシステム」で飼育されています。

(ですので今日、見学する農場も2カ所。)

 

その理由は

「人間の赤ん坊が1歳を過ぎると母親の免疫が切れて病気しやすくなるのと同じで、

豚も離乳期は弱いんです。

なので生後20日前後の子豚は成豚と離して飼育することによって、健康に育つ

からだそうです。

気が付いたら予定時間を30分もオーバーしておりました。

急いで農場へ車を走らせます。

 

 

まず第一農場から見学。

 

「繁殖と分娩のための農場で、豚の産婦人科だと思ってください。」 と社長。

ここでまず私たちはこの白装束に着替えです。

 

もはや目しか出ておりません。

足元も注目してね。

靴の底が豚舎内につかないように、靴ごとすべてビニール袋で覆います。

 

なぜここまで重装備か?というと

「豚の体温は人間ともっとも近くて菌をもらいやすい」 そうで

 

もし私たちの誰かが風邪をひいててそれが一匹に移ったら

ひいてはそれが豚舎にいる豚全てに移るかもしれないわけで、

最悪の場合、豚舎の豚全てが死ぬことにもなりかねない。

 

 

「99%安全でも残り1%のため」 なんですね。

 

だから社員でも立ち入り禁止の聖域にしているわけです。

これは予想以上に大変なことを頼んでしまったのね・・・と初めて自覚する私でした。

 

 

さて着替えも終わり、

一行は第一農場の責任者である関さんに続いていよいよ豚舎へ。

豚舎の入口でさらに足を消毒します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして豚舎に入るやいなや犬に激しく吠えられた私たち。

 

ここにいる母豚を守る番犬「弁慶」くんです。

餌を奪いにきた熊に間違えられた?

 

が、関さんが「シィー」と指さしたらとたんに大人しくなってくれました。

 

 

 

晴れて弁慶くんの審査をパスした私たちはさらに奥へ。

 

 

 

いました、いました。

お母さん豚、デカイです。

たしか250キロと聞いたような。大きいです。

 

 

そして赤ちゃん豚がたくさん、お乳を飲んでいます。

 

 

母豚には乳首が14個あり、一度に10匹前後を産むそうですが、

おっぱいは前の方が出がいいそうで、

そのままでは前をキープできた豚とうしろになってしまった豚と成長に差がでてしまう。

ということで、関さん、ヒョイヒョイと豚の位置を交換。

 

 

 

 

と、次の瞬間、びっくり。

 

 

とある母豚から、赤ちゃん誕生。

 

まったく何のいきみもなく、

本当に「ぽろん」という感じでございました。

カメラ間に合いませんでした。

 

 

こちら本当にたった今、誕生したばかりの赤ちゃんですよ。

 

ほにゃほにゃでしょ?

体温の低い赤ちゃんは、

関さんの手によって、奥の保育器のような暖かい場所に移動させられますが、

本能なのかなあ。

すぐにお母さんのおっぱい探している感じでした。

 

あまりにぽろんと生まれてしまったので、驚いてたら

関さんいわく「豚は安産ですよ」 とのこと。

 

 

 

こちらは、やがては白金豚のお父さんになる黒豚専門の赤ちゃんです。

 

黒豚は強そうに見えますが、実は弱いそうで、飼育にとても手がかかるのだそうです。

 

 

 

 

 

うーなんてかわいい。

けど私たちは決して手をふれてはいけません。

 

 

 

 

さて産科を見学した私たちは

少し離れた「繁殖豚舎」へ

 

 

 

 

ここは豚の合コン場とでもいいましょうか。。

 

 

こちらに整然と並んでいるのが女性

 

その向かいに、男性。

 

メスを取り囲むようにしてオス・・というように配置されているのですよ。

こうしてお見合いさせるのですね。

本当に見合っています。

 

 

交配は、2/3が人口受精で1/3が自然な受精だそうで、

微妙な受精判定には、人間が使う妊娠検査薬を使うこともたまにあるそうです。

 

 

関さんいわく

「男で妊娠検査薬もって喜んでいるのは我々ぐらいかと思います」とのこと。

 

 

こうして母豚は、

1年にだいたい2.4回の割合で妊娠し、1回の妊娠期間は約115日間。

一度に出産するのが10匹以上、

これをだいたい生涯、13~18回もお産を繰り返すのだそうです。

 

それら全てを記録しているのが

こちらの用紙で

いわゆるカルテ兼履歴書です。

 

 

 

 

第一農場の500匹全てにこのカルテがあり、

関さんは、あちらこちらの豚に「よう!」と声をかけ、体調を気遣います。

その様子がとにかく優しいのだ。

「この方、豚だけでなく、きっと人間の世界でもモテるにちがいない・・・」

などどナイショ話をしながら記念写真。

 

 

こうして私たちは第一農場と関さんに別れを告げ

 

次に「第2農場」へと向かいます。

 

 

 

高橋社長いわく、第2農場は

「子豚の保育園です。

おそらくイメージ通りの牧歌的な風景だと思いますよ」

 

 

移動中ももちろんこの装束です!

 

誰ともすれ違わなかったけれど、

この格好で4人乗ってる車、

ぜひ正面から撮ってみたかったです。

 

 

 

 

 

つきました!第2農場へ。

あたりは黄色の絨毯でした。

きれい・・・・

 

 

 

 

 

私たちを迎えてくれた第2農場責任者の畑山さんです。

 

そして、ここでも私たちは先ほど同様、

新品の手袋と足を覆う新品のビニール袋を配布され、

目だけを出して農場内へ。

1回目に比べるとだいぶスピーディーに手袋も靴も装着できるようになりました。

 

 

畑山さんがこれまた、素朴で実直なお人柄でして

畑山さんが近づくと、子豚ちゃんがわーと

「待ってたよ~」って感じで

一斉に寄ってきます。

 

子豚ちゃんにとって「お父さん」なのかな?

 

 

 

第2農場はまさに子豚の保育園で、すごーくかわいい。

 

 

豚舎は広葉樹のおがくずをしいた大きな小屋で、

そのなかで自由に子豚たちが動き回っています。

手前の箱にえさ、反対側の奥にあるのが水です。

わざと離しているのは、こうして適度な運動をさせることにより、

豚本来の抵抗力を高めたり、適度な筋肉を作っているからなんだそうです。

こうして豚本来の抵抗力を高めることでワクチンや薬を使うのを極力抑えているそうです。

 

そしてもうひとつ白金豚の品質のカギが「餌」だそうで

 

「うちの豚は本当にいい餌を食べて育っていますよ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの豚の餌が遺伝子組み換えをした穀物を使用しているなかで

白金豚の餌は非遺伝子組み換えの指定配合飼料に拘り、

飲み水は奥羽山脈の湧水に釜石鉱山の鉱石をろ過したミネラルたっぷりの活性水

を使用しているそうです。

 

 

白金豚を最初に食べたとき

「豚肉特有のくさみが全くない」ことにびっくりしたのですが

その秘訣は餌にあるそうで、餌を変えてしまえばくさみが出てくるそうです。

あの白金豚の上品な味わいは、

歴代の養豚スタッフの手によって試行錯誤の上、作られたブランドなんですね。

 

 

さて、第2農場で一行が目にとめたのはこちらの山。

これなんだと思います?

 

餌ではない。

なんとコーヒーの粉です!!

 

 

 

缶コーヒーのジョージアを作ったあとの粉なんですって。

同じ花巻市内にあるみちのくコカコーラさんからゆずられてるそうで、消臭対策とのこと。

 

子豚の豚舎は、そもそも広葉樹のおがくずを使用しているので全く臭くないのですが、

それでも消臭対策にこのコーヒーの山があちこちあります。

 

 

「地域の方々の協力と応援なしにはやっていけないのです」

という配慮のひとつがこのコーヒーの山なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて生産地を訪ねてみた今回の「白金豚農場見学」

 

ここ数年、「食の安全」が話題になりますが

最終的には、作っている「人」だと思ったりするんですよね。

 

ここ高源精麦㈱では

5000匹の一匹一匹を関さんや畑山さんをはじめとするスタッフの方々が

愛情もって育てていました。

 

白金豚の品質は

岩手の自然とスタッフの愛情と真心で作られていました。

そして品質と安心・安全を維持するために大変な苦労と企業努力をしていらっしゃいます。

 

 

ご案内してくださった高橋社長・関さん・畑山さん

大変貴重な体験が出来ました。

見学を許可していただき、本当にありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 未分類 |

女子100人委員会でオープンハウスを見学&座談会

 

「女子100人委員会でうちのオープンハウスの見学会と座談会をしませんか?」

とありがたきお声がかかったのは7月。

 

「どんなお家なんでしょう?」と聞いてみて驚きました。

「1階の天井をとっちゃった家なんです。」

「えっ!」

・・・・というわけで7月26日、盛岡市緑ヶ丘の閑静な住宅街に7名の奥様にお集まりいただきました。

 

 

主催してくださったのはこちらのピンクのロゴでお馴染み。

 

 

 

「パパとママみんな笑顔」の家づくりをモットーに

㈱シリウスさんが2007年に立ち上げたオリジナルブランド

シュガーホームの盛岡西店の皆様です。

 

 

お声をかけていただいたシュガーホーム盛岡西店の杉山店長さんです。

自他ともに認めるキャイーンの天野くんそっくりさん。

今回、嬉しいことに私、高橋真樹のフェイスブックを見て声をかけていただきました。

ほんとすっごく似てる・・・・。

 

で、私たちが拝見したのは、こちらのお家。

 

 

外見はいたってシンプルなつくり。

ですが居間に入ると、そこが吹き抜けで天井がないんです。

(このお値段はもちろん土地付のお値段ですよ。)

 

 

こちらが居間です。写真でここだけ見ると普通でしょ?

 

 

ですが、玄関から居間に入ったとたん「わあーーー」という歓声が出てしまうのです。

なぜかというと

居間は吹き抜けで天井がありません。

横にアルミの階段があり、(ちなみにお写真を撮っているのが杉山店長)

 

 

1階から2階を見上げるとこんな感じ。

 

 

2階から1階の居間を見るとこんな感じに見えます。

「おーい」って声かけたくなる感じ。

 

コンセプトは

「常に家族の気配を感じる家」 ということで

家族がもっとも長い時間を過ごすであろう居間を重視し、

1階と2階あがったフリースペースまでひとくくりの空間と解釈して建てたお家です。

ママが1階で家事をしていても2階で遊ぶ子供の気配がわかるお家なんですね。

 

まず、本日の参加者7名は2班に分れて見学会開始~!

 

 

 

こちらは2階の寝室。収納箇所も見ます。

 

同じく2階のこども部屋です。

壁色は落ち着いた赤を使用。

 

しっかりあちこちをチェックし、質問し。。。

 

 

そして1階のリビングで座談会が始まりました。

 

 

 

今回は、7名の奥様に参加していただきましたが、

ここ5年以内におうちを建てた奥様が3名。

みなさん、5~6社のモデルルームをまわって決めたそうです。

 

「いずれ建てたないな」と思っている奥様が4名。

建てたい時期はみなさんバラバラですが、消費税アップはやはり気になるところ。

 

家族構成も最少2人暮らしから最大7名までさまざまの奥様で

モデルルームについて検証していきます。

 

1階リビングの吹き抜けについては

「開放感がある」

「台所にいても子供の気配が感じられてよい」

「リゾ-トホテルみたいで素敵」

「こどもが思春期に入って自室に籠りきりはよくないからいいかも」

と評価もある一方で、

 

「全て話しが筒抜けというのも・・・」

「子供ではなく、旦那が私に監視されてると感じるのでは?」

というユニークなご意見も。

↓下のお写真は階段あがってすぐの2階のフりースペース。

1階から姿かたちは見えしませんが、気配は感じますね。

 

 

 

とくに評価が分かれたのは「アルミの階段」

モデルルームでは階段横にテーブルが設置されていましたが、

「台所と対面キッチンカウンターにするなどして階段とは距離があったほうがよい」

という意見が出ておりました。

生後6か月の赤ちゃんのいるママは、

「子供が階段から落ちそうで安全性が気になります」とのご指摘が。

 

 

その他、議論したのが「収納スペース」「客間の有無」「納戸は必要かどうか」

ふだん使わない客間については

「客間を使うのは年に2、3回。結局、普段は納戸になってしまう」

というご意見もある一方、「でも欲しい」というご意見も。

 

その他

「雨の日のお洗濯ものはどこに?」

「結露は?」

「太陽光発電」について

などなど皆さん、「自分たちが住むとしたら」の前提でのご意見やご質問を頂きました。

普通にオープンハウス後のアンケートにこれだけ書けるかというと

絶対に書ききれませんね。

こうやって座談会の型式にしてはじめて拝聴できるお話でした。

 

 

 

今日のような座談会を重ねて、

今後、「女子100人委員会とコラボしたモデルハウス」

が出来たりすると嬉しいなあ~と

私自身の夢が広がる座談会になりました。

それにしても新しいお家っていいなあ。。。。。

 

※シュガーホームのホームページはこちらです。

 http://www.kk-sirius.co.jp/sugarhome/

 

<番外編>

 

モデルルームでの座談会の唯一の難点が「トイレ」

このため見学会と座談会の合間に某所へトイレツアーに。

 まさに用足し? 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 |

託児所料金を負担してくれる美容院

「子育て中のママさんを応援したいので

           施術中の託児料金は当店で負担します。」


そんな美容院あるわけないと思ったら、とても身近なところにありました。





こちらです! 紫波町高水寺にある理美容室VOISさん!! 

紫波町の旧紫波中央自動車学校の向かいにある理美容院です。 




オーナーの澤田さんは「子供アート療法士」の資格ももつ専門家。

 「子供を育てるという大変なお仕事をしているお母さんたちに

                   少しでもゆっくりとくつろぐ時間をさしあげたくて・・。

 

       美容室のなかに子供スペースを作るという方法もありますが、

       いっそのことお子さんを預けて、自分だけの美と癒しの時間があればいいかなと」


幸い、歩いても行ける近所に紫波ポケットさんという託児所があり、

それでこのサービスを取り入れたそうです。

 


「託児料金を当店で負担する代わり、美容院での代金を各種クーポンなどの割引はなしで通常料金でのご利用をお願いしております。

ええ・・・のびあさんの会員割引10%オフもこの場合はなしで・・・すみません・・・」とのこと







でも子育て中のママにしてみると、

短時間でもお子さんをプロに預けてひとりの女性に戻れる時間はとても貴重。





明日からの子育てを頑張るためにも

このサービスをいろいろなママさんに知ってほしい・・と思っていたら、まさにぴったりの親子がいらっしゃいました。



本日の主役、盛岡市にお住いのあゆママと良太くん1才1か月です!


まだ寝たりなくて不機嫌なお顔の良太君です


あゆママは、上に小学生のお姉ちゃんがいる2児の母。


       「主人の仕事が朝早くから夜遅くまでなので、家事、育児の負担はどうしても私に。

        毎日くたくたで・・・。ここ2年ぐらいちゃんとした美容院には行ってないです。

        主人が休みのときの短時間、15分で1000円カットみたいなところでぱぱっと切ってくる感じです」


  ということで、まずは美容院VOISについたあとでさっそく託児所へ向かいました。


こちらが紫波町の託児所「紫波ポケット」さん。

代表の三上仁江子さんが「家庭的な託児」を目指して平成14年に自宅を開放して開設しました。


普通の一軒家に看板が。

玄関にある利用者のお靴。かわいい!












三上さんの笑顔に迎えられ、入るやいなや奇声と嬌声があちこちから。

「いつもお預かりしているお子さんが15人で、良太君のような一時保育が今日は8人なので全部で23人です」

ということで託児所内はこの感じ。


 

良太君も不安な顔で中へ入ります。

書類を書いて、普段の生活時間帯の様子やアレルギーの有無などを確認して、

いざ良太君はママから三上さんへ。

良太君、ママから三上さんへ 「泣くか?」と緊張のシーン






さて、最大の山場を越えて? あゆママ、若干うしろ髪をひかれつつも、美容院へ。

いざスタートに笑顔のあゆママ



今日は 「2年分思い切って」

カット、カラー、そしてお楽しみのエステシェービング

まさに美と癒しのコース!










カラリ-ングの色選びから始まって、カット→カラーへとすすみます。

カット担当は芳門さんです。












その頃、託児所初体験の良太君、

大泣きしてるかと心配してのぞいてみたら・・・


なんと、すっかりなじんでおりました。

 

 

 

さすがベテラン保育士の三上さん!!

しかも、良太君、女子をナンパ中


記者が良太君の将来を妄想しているうちに、託児所はお昼の時間となりました。


今日のメニューです

本日のメニューです

食事風景

 

 

 その頃、あゆママは・・・・。

カットが完了し、ヘアカアーの真っ最中。

カラー担当は澤田オーナーでした。

澤田オーナーは、ヘアケアマイスターの資格もあわせもつ毛髪のプロです。

いったい、いくつの資格を持っていらっしゃるのか・・とにかく勉強熱心なオーナーです。

 

澤田オーナーのスペシャルトーク。今日は“癒し”編。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて髪の方がほぼ終了し、

あゆママ待望の「エステシェービング」へ!

エステシェービング。大坊さん、手だけの写真でごめんね。

 シェービング担当は、大坊さん。

そうなんです。

ここVOISには、美容師さんと理容師さんがいるので、

この店1軒で髪もお顔もどちらも完結するんです。

だから正式なお店の名前は「HAIR&FACE VOIS」

ネイルも耳つぼもあるので、

1店舗でのメニュー量として県内最大数???

 

澤田オーナーいわく、

「お客様の要望にお応えしているうちにメニューが多くなってしまいました」

 

 

さて

あゆママが夢の世界を満喫している間、

託児所内もお昼寝タイムとの情報をキャッチ!

 

 

あれだけハイペースで遊んでいたので、

良太君も当然熟睡中。

ん? ん?  ひとりだけ大泣きしている声がする・・・

 

と思ったら、なんと良太君です!!

 

 

ベビーラックに揺られても「眠くない!」と泣きの猛抗議。

 

 

昼寝しない権利を勝ち取って遊ぶ良太君

ついには三上さん、あきらめてラックから解放しました。

そのとたん、ぴたっと泣き止んで、絶好調で遊びます。

 

「勝った・・・」

良太君のそんな声が聞こえてきそう。

 

 

 

 

さて、子供たちがお昼寝中も、保育士さんたちは忙しい。

 

 

自分たちのお昼を食べたあとは、内職!

こどもたちのおやつになる柿を焼酎につけるそうで、

みなさんシブ柿の皮をむいておりました。

 

 

大多数の子供が寝てる中、「紫波ポケット」代表の三上仁江子さんにお話しを伺ってみました。

 

  「平成14年に開所していますので、もう9年目になりますね。

   紫波町福祉環境課子育て支援室の指導をうけて 最初は「保育ママの会」をたちあげました。

   当初は自宅の一室でスタートしたんですが、利用者が増えてきて・・

   ついには保育ルームを増築したり、庭に砂場を作ったり。

   保育園の待機児童のほか、良太くんのような一時預かりも可能な限り対応しています。

  育児と家事は24時間ですから、

  時にはお母さんが休んで気分転換することも大事なんです。」

  と自身の経験も交えてママたちのサポートをしているそうです。

 

  「うれしいのは、ここを卒業した子供たちが小学生、中学生になっているんですが、

   今も時々遊びにきてくれること」

  と目を細めてお話する三上さん、 この仕事は天職だそうです

 


 さて

そんな三上さんとお話をしているうちに、あゆママの今日の施術メニューが終了したとの連絡が。

 

変身後の、あゆママです。

この日のあゆママは、実は素顔なんですが、変身前と比べて、お肌にハリとツヤがあります。

 



 そして、飛び切りの笑顔で、良太君を迎えに託児所に来てくれました・・・・。

  さて結局お昼寝しなかった良太くん、

  今まで元気に遊んだり、ビデオを見たりしていましたが・・

  が、見てください!!

ママの顔を見るなり、号泣する良太君!

ママの顔みたとたんにこの大号泣!!

 

 

「あらあら ママの顔みて安心しちゃったのね」

と三上さん。

 

お世話になった託児所のスタッフの方々に

「バイバイ」して帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「託児所料金を負担してくれる美容院」を体験したあゆママに感想を聞きました。

まだ涙目の良太君と変身したママ


「美容院で本当にゆったり、至福の時間でした。

育児中は

美容院も映画もショッピングも

いろいろなことをあきらめなくてはいけなくて時々、悲しくなってくることがあります。

でも今日は本当に楽しかった。

美容室にも託児所の方にもよくしていただきました。

明日からの育児、また頑張れそうです!」





子育て中のママを応援するVOISの「託児料金負担します」プラン、

最先端の素晴らしい企画だと思います。

子育て中のママが「たくさんのものをあきらめなくてすむように」

ぜひ託児所とコラボしたサーボスをあちこちの業種ですすめれないものかな・・・

と想いながら記者も家路につきました。





_取材協力店


HAIR&FACE VOIS(ヴォイス)

紫波町高水寺中田3-3

019-676-6767

9:30~18:30(最終受付) 月曜・第1第3火曜定休 






 

 

 

紫波ポケット(ひまわりハウス)

紫波町高水寺古屋敷120-27

019-672-3737

生後2か月~小学生までお預かり。

月極保育の料金はお問い合わせください。

一時保育は1時間あたり600円。給食・おやつあり。

7:30~19:00 (延長・日祝保育は要相談)

カテゴリー: 未分類 |

動物病院のペットホテルを体験~!

今回から始まった新コーナー「女子100探検隊!」


巷の気になる商品、気になるサービスを「女子100人委員会編集部」が取材、モニター体験していきます。




第1回目は「ペットホテル」


爆笑川柳のなかに 「定年後、犬もいやがる5度目の散歩」 というのがあるそうですが、ちょっとこちらをご覧ください。



こちら2005年までの犬の登録数です。


日本ペットフード工業会の調査によれば、国内のワンちゃん、ネコちゃんの数は2168万!


15才以下の子供の数が1860万人ですから、今や子供の数よりペットの数のほうがずーーーと多いということに。


そんなわけで今や、ペットは家族、人によっては生き甲斐という方も多く、


美容院、病院、ホテル、保険、東京では専用のカフェまで!


その中から今回は、飼い主さんがおでかけする際の「ペットホテル」&「保育園」に注目。


「ペット預かり」、大きく分けると「ホームセンター系」「美容院系」「病院系」「専門のペットホテル」と分かれます。


以前に某所に預けた知人が「半日預けだけなのにオシッコくさくなって帰ってきた」と涙目になっていたのを思い出しながら


動物病院のペットホテルを取材してみました。





すご動物病院です





本日の主役登場です!

今日のワンコは、佐藤そら君。チワワ。オス。4才3か月。






飼い主さまと登場

飼い主さまと登場







 旅行に備えてのならし保育とのことです。


預け先に動物病院を選んだ理由をお聞きすると


「旅行ですので長くなりますし、

何かあっても動物病院でしたら対応していただけるだろうと思いまして。」

と飼い主さん。






どことなく不安そうな顔です






まずは申込書を記入しつつ、動物看護士の大和田さんから問診があります。


「体調はどうですか?お食事は食べましたか?便はでましたか?」


ここで必要があれば、院長の西部先生の診察を受け、


 お薬などを処方されつつのお預かりもあるそうです。


「保育園」のほかに「病児保育」もあるのはさすがに動物病院ですね。


「1日も私と離れたことがないので・・」と心配する飼い主さん。


そら君のおやつ
そら君の大好きな玩具



そら君のお気に入りのおやつと玩具も持参しています。





10時にお部屋にチェックイン!





そらちゃんのお部屋





お部屋は全部で8部屋。

このようなゲージが上下4部屋ずつ並んでいます。

上の4部屋は原則は猫ちゃんの階。

下の4部屋がワンちゃんの階だそうです。






すでに上には猫ちゃんがSTAYしておりますが、





上の階にいる猫ちゃん





誰か入ってきたのかな?と特に気にする様子もなく悠然と。

どうやらこの猫ちゃんは当ホテルの常連さんのようです。





そのころ、院内は患者さんが来院中。


「あらあ~いくつですか?」なんて小児科と変わりない会話が聞こえてきます。






和やかな待合室






おとなしく呼ばれるのを待つワンちゃん、ネコちゃん、躾がいいんですね。



 


 


 


 

飼い主さんの腕に抱かれてリラックス・・・


こちらも眠くなりそう。たしかに癒されます。



さてそのころ、そら君は?


しばらくは飼い主さんを呼ぶように鳴いていましたが、やがて静かになりました。






「大丈夫だよ」「おりこうだね」と声をかける大和田さん










「最初は不安で鳴いていても20~30分で鳴き止みますよ」と大和田さん。


「どうしてこの仕事を?」と聞いたら


「とにかく動物大好きで動物といると幸せで、天職だと思っているんです」

天職・・・いい言葉ですね。21才で仕事を「天職」と言い切る大和田さんに脱帽!


さて午後になって、お散歩タイムになりました。

病院横に専用の芝生があります。そら君はここでお散歩です。


散歩だ!
出口はバリヤフリー








散歩大好きのそら君、本日一番の笑顔がこちらです!



ああ・・きっとこの笑顔が人の心をとりこにするのね・・


約10分間のお散歩後はきちんと足をふいてお部屋に戻ります。





食事、散歩とならんで大事なのが排便。


なかには緊張して排便しない子もいるらしく、


その場合は追加でお散歩したり、院内で運動させるケースもあるそうです。


こうして過ごした様子を大和田さんがノートに細かく記録して飼い主さんに報告します。

そして、いよいよ飼い主さんお迎えの時間!


「鼻がいいのでお迎えきたのがわかるんですよね~」


逸る気持ちを抑えきれないそら君です。

写真だとわかりませんが、凄い力で飼い主さんの方へ向かっています。

こんなに一途に愛されるってたしかになかなかないかも。

昔、保育園にわが子を迎えに行った光景を思い出しました。


そら君をお渡しした後、大和田さんから飼い主さんへ今日の状況をしっかりと報告します。

心配そうに来ていた飼い主さんも話を聞きながら安心していくのがわかります。

そしてお見送り。満面の笑みで「またね~そら君」


「おりこうさんでしたよ」
この笑顔でお見送りします














さて最後にすご動物病院の西部院長先生にお聞きしてみました。


 





やさしい笑顔の先生です。ちなみに松園中学校出身。






「 ペットにとっては、やはり飼い主さんと一緒にお家で過ごすのが一番いいことなので、できるだけその状況に近い形で過ごさせてあげたいなと思っています。


リラックスできるような状況を心がけていますし、何かあったときはすぐに対処ができるように、泊りでお預かりするときは、夜も見回りにきます。


病院の治療方針もそうなんですが、その子、その子によって性格が違うんですね


ですので、すべては飼い主さんと一緒に相談しながらやっていくというのを大切にしています。

その子と飼い主さんにとって本当に身近なホームドクターでありたいと思っています。」


治療のときも預けるときも、「飼い主さんの立場なら」の視点を大事にしているとのこと。


東京では過密状態のペットホテル、

写真を撮ったり、子守唄を流してたりというサービスもあるようですが、それをお家でしているのか?ワンちゃん、ネコちゃんが喜ぶのか?というとそんなわけでもなく、

家に近い状態でリラックスさせることが実は以外に難しいことだったりするんだよなあ~なんて院長のお話を聞きつつシミジミしてしまいました。




◆すご動物病院はこちらです◆http://www.sugo-animal-hospital.com/access/


◆お値段です。なおペットホテルは必ずお電話で予約してください◆


日帰り・・・9:00~19:00まで病院診療時間内のお預かり

猫                2000円

犬(10キロ未満)       2500円

犬(10~20キロ)       3000円

犬(20キロ以上)       3500円

小動物             1500円

泊り(1泊2日の場合)・・・・宿泊日数が延びればその分加算されます

猫              2500円

犬(10キロ未満)     3000円

犬(10~20キロ)     3500円

犬(20キロ以上)     4000円

小動物           2000円

カテゴリー: 未分類 |