あまちゃん

オラたちのあまちゃんツアー~2015年8/1~3開催

昨年の「あまちゃんサミット」に続いて

2015年は「オラたちのあまちゃんツアー」を8/1~3の日程で行いました。

8/2の夜に久慈市で大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンドのコンサートが

開催されるというのでそれにあわせたツアー。

8/1(土)~3(月)までの2泊3日コースと

8/2(日)~3(月)の1泊2日コースと

それぞれ17名、8名の方々に参加していただきました。

※こちらこのツアーのためにあま絵作家?ピコさんが書いてくれました。

 

GW前から準備を始めたものの、日程的に月曜日ははずせないツアー

果たしてお客様を集められるのか?
2015年に開催した諸々のイベントのなかでもっとも集客が不安なツアーでした。

が、しかし、遠く宮崎県から20才の女性の参加申込書を見たとき

そして北海道からも海を渡って参加してくれるというメールを見たとき

「これはたとえ赤字になっても開催しなきゃいけない。

集めれないのはこちらの責任でせっかく休みも飛行機もとっているのに

開催しないのは岩手ケンミンとしてありえない」と

「たとえ赤字になっても開催する」と覚悟を決めて、実施にふみきったツアーです。

なので、最初からロケ地10カ所をめぐるという他ではありえないコースには

昨年も好評だった「夏ばっぱになって三鉄へ大漁旗を振ろう」だったり

上山琥珀坑道で「おら、東京さ行きたぐねー」と叫んでもらったり

極めつけは、久慈商工会議所のNさんにご尽力いただき

「普段は文化祭でしかやらない」という

種市高校での南部ダイバー体験までをてんこ盛り。

 

そして当日
まず2泊3日組が久慈市での「あまちゃんサミット」に参加。

2日目は1泊2日組と小袖海岸で合流の日。

まさかの雨に加え、数日前に岩が崩落し、小袖へ行く通常ルートがとれないため

迂回路が大渋滞。

そのため、1泊2日コースのお客様が小袖での滞在時間が20分となってしまったけれど

久慈市の方々には本当に助けられました。

小袖海岸で本来の時間ではなく、特別に

このツアーのお客様向けに素潜りを披露していただいた海女さんたち。

おかげさまで渋滞でわずか20分しか滞在時間のなかった1泊2日組のお客様も

雄姿を見ることが出来ました。

昨年同様、三鉄の橋上駅長は今回も数々のムチャブリに応えてくださいました。

 

今、思い出しても目頭が熱くなりそうなツアーのなかで

「やっぱりバスツアーっていいなあ」と思ったのは3日目。

10カ所めのロケ地訪問:種市高校での南部ダイバー体験を終え

大漁旗を振って私たちのバスを見送るリアル種市センパイたち。

 その姿に胸が熱くなり、

誰ともなしに歌いだした♪しろ~い鷗か、波しぶきぃ~♪

 なんとなんと

・・・車中、「南部ダイバー」の大合唱のあとの大爆笑。

 「オラたち、熱いよね、

たぶん全員がそんな気持ちだったと思います。

 いつもいつもバスツアーにはバスならではの一体感がありますが

3日間一緒に過ごしたツアーは特別な思いがありました。

そして

今回のツアー、「東京から北は初めてきました」という宮崎県からのお客様は

このツアー中に20才の誕生日を迎えてくれました。

 初東北の地が

仙台でもねぶたの青森でもなく、久慈だよ!!


放送から2年やっているのに

こうして日本全国から聖地久慈へファンを向かわせる

「あまちゃん」ってドラマの底力を感じます。

 

 大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンドのコンサートが久慈市で開催される限り

私もこのバスツアーを開催し続けようと思っているのですが

関係者の方々、来年はどうなんでしょうか?

そしてツアー開催中は赤字かトントンまできたか、わかりませんでしたけど

「現地での半日ツアー」を数日前に組んだ甲斐あり、なんとか黒字になりました。

思い思いに「アキーーー」と叫びながら大沢橋梁で大漁旗を振る参加者を見ながら

もし落雷が落ちる危険がせまったら、どうやってこのお客様たちを

バスに避難させようか?と心臓バグバグしながら頭のなかで考えたことも

今となってはいい思い出です。

 ツアーへ参加してくださった全国のみなさん、

そしてご尽力いただいた久慈市の方々、ありがとうございました。

 

カテゴリー: あまちゃん |

全国あまちゃんファンの集い~あまちゃん疑似体験ツアー~2014年8/31開催②

前日のサミットの興奮がさめない中、翌日はバスツアー。

盛岡からロケ地の久慈を目指します。バスは小袖海岸対応で中型を2台手配。

52人の一行が乗ります。

途中、何をしているのかと思えば

野田のアイスを食べたり、

バスガイドさん2人を激写したりと、「あまちゃん」に出てきたヒビキみたい。

まず一行は、大沢橋梁の下の海岸へ。

途中の急カーブを鮮やかなハンドルさばきですり抜ける

岩手県北バスのドライビングテクニックに一同拍手し、海岸着。

そこに待ち受ける1台の車には大量の大漁旗が!

その数、約50本!

前日パネラーとして参加してくださった橋上三鉄久慈駅長や

久慈の広域観光協議会・商工会議所・観光協会の皆さまのご尽力で

準備していたいただいたのでした。
(打ち合わせ時は「用意できて15本ぐらいじゃね?」といっていたのに凄い!)

ここで一行は、夏ばっぱになって三鉄に旗を振るのです!

50人の夏ばっぱ

そして、ドラマでは「袖が浜駅」となっていた堀内駅へ移動。

ここで思い思いに「アイドルになりたーい」と叫んでいただいた後は

お座敷列車へ乗車。

その列車にいたのは アキちゃんとユイちゃん・・

ではなく、「なもみ」!!

ではなく、一同が待つのは・・・

アキちゃんとユイちゃんの潮騒のメモリーズ!
あまくらぶの2人(穏ちゃん、紫苑ちゃん)が歌って踊ってくれます。

一同の興奮が最高潮に達するかと思われたその時

橋上駅長の合図で窓の外を見ると・・・

そこには。。。アキちゃん?自転車で走るアキちゃんなの?

このアキちゃんの自転車、相当に速くて三鉄に対決姿勢まんまん

正体は、この方・・・

久慈あまロスなげき隊の東京支社長?いちげんさん

そんなこんなで久慈駅に着くと・・・今度は

種市高校の生徒さんによる「南部ダイバー」だよ。

これも打ち合わせ時は、「3人ぐらいすかね」ということだったけれど

10人はいらしたのではないでしょうか・・?

本物の種市センパイ・・・かっけーー

暑いなか、この格好で20分以上待機していただきました。

南部ダイバーに人気をとられ、落胆する「なもみ」

橋上駅長とはここでお別れし、
一同は久慈駅でうに丼

あまちゃんハウスやまちなか水族館に立ち寄ったりしながら

やませ土風館に着くとここでも「あまくらぶ」がコンサート中。

ニコ動でお馴染みの山彦のメモリーズ&あまくらぶのコラボステージです。

そして聖地、小袖海岸へ移動

ここでも、久慈市役所商工観光課の方々による

サプライズのもちまきで歓待していただき

素潜りを見て、ウニを堪能する

そして、久慈へ連泊する組と盛岡へ戻る組とにわかれます。

小袖海岸で記念写真

ここには、関西あまちゃんオフ会、東京あまちゃんオフ会、盛岡あまちゃんオフ会、久慈あまちゃんオフ会のメンバーが集結

 

他社ではないようなツアーをしようとは思ったけれど

久慈の方々の予想を上回る歓迎サプライズがあり、

「ここまでしてくれるのか!」と胸が熱くなったツアー。

盛岡へ戻る道中にも私たちのバスを見送るため、先回りして手を振ってくれるおもてなし。

前日の寝不足のせいだけでなく、目が赤くなった帰り道でした。

 

さて

2013年10/16に開催したあまちゃんNIGHTから始まったあまちゃんファンの集いは

ツイッターを中心に加速し、ここにひとつの着地点を見ました。

「あまちゃん」が繋いだ人、携わってくれた方々、本当にありがとうございました。

オラたち まだまだ熱いよね!

 

 

<ツアーで目撃、謎のワゴンRおじさん>

↑絵は、岩手ピコ氏が帰りのバスのなかで描いたものです。

最初は偶然かと思っていたのですが、行く先々で、

あまちゃんの関連本を手にしたワゴンRに乗ったひとりの男性を目撃。

「いったい誰なんだ?」と帰りのバスで大盛り上がり。

その後、フェイスブックでご正体が判明しちゃうのが今のSNSの凄いところ。

ワゴンRおじさんは前日の盛岡でのサミットに参加された久慈在住のT氏でした。

「ウエルカム」の気持ちを示したかったのだそうです。

こういうところが県外の方を「第2のジモト」にしてしまう所以なんでしょうね。

カテゴリー: あまちゃん |

全国あまちゃんファンの集い~あまちゃんサミット!~2014年8/30~8/31開催①

2014年は「女子力で地元を熱くする!」と、随分と街おこし的なイベントに取り組んできたけれど、

その集大成?総括?はこれに尽きると思っております。

 「あまちゃんサミット」

 

2日間何をやったのかについては

すでにいろいろな方が詳細に書きこんでくださっていて

はじめて200人以上の方を対象としたイベントで

テンパッテいた私が書くよりもすっきりまとまっているのですが

こうして4か月後に、協力していただいた方々に感謝の気持ちを込めて

まとまっていない思いをまとめててみたいと思います。

 

◆関係者や他の方々が書いてくださったブログはこちら◆

①オープニングのあまサミバンドで出演したさんりくさんブログ (クリックして)
さすが、マスコミ各社の報道へとリンクしているーー。

 

②そして会場にはほとんど入れず会場外で受付支配人として
頑張ったタカクミさんブログ →(クリックして)
「あまくらぶのライブをちょっとだけ見た・・」ってごめんね。

 

③プロのライターが書くとこうなるのか 「田舎まちの経済学」

 

久慈の情報誌「ダナス」 さん編集ブログ

 8/30 サミット  

  8/31ツアー

 

<8/30(土) あまちゃんサミット~盛岡アイスアリ-ナ7階アイーナホール>

15時開場に9時から会場入りしていた私たち。

ホールでは舞台設営とリハが続く中

13時頃から、パネラーをお願いした方や出演者の方が会場入り。

ホール前はこんな感じで

受付2か所と、久慈と盛岡の振興局ブースが出店しております。

 

 

漫画家のなかはら☆ももた先生筆の大漁旗も

Mさん持込の「潮騒のメモリーズ」の旗もスタンバイしたのは

たしか13時頃かと?

 

 

 

 

 

 

 

その後、14時にはすでにこんな状態!

たしか久慈からご家族で参加してくださった姉妹です。

 

そして15時オープニングアクトはあまサミスペシャルバンドによる「あまちゃんメドレー」

この日のためだけに結成されたバンドで全10曲を披露していただきました。

 

開会。主催者あいさつで僭越ながら私。あまサミ実行委員長でございます。

北は北海道、南は九州の福岡から来ていただいた県外の方へ

そして県外の方より1000円多く払って来ていただいている県内の方へも御礼と、

みなさんで「じぇじぇじぇのご唱和」をしました。

そして来賓挨拶で、達増知事

「サミットなので何かが決まるかもしれないし、全く決まらないかもしれない」

なおこの日の知事のネクタイは「太巻」さんを意識したファッションとのこと。さすがです。

そしてオープニングいちばんの肝だった「あまちゃん第1話」の模倣

台本には「若春子に扮したあまくらぶリーダーが入ってきて、来賓へドミノ倒し

⇒知事が勢い余ってくす玉のヒモをひく⇒ファンファーレの場面」と記載しております。

※うしろには盛岡振興局提供の「三鉄」を描いた大型パネルも。

けっこう細かく拘っているのですよ。

ここさえ決まれば全体の1/3はOK~というポイントです。

 

めでたく、くす玉が開いたところで

あまトーーク 「オラたちのあまちゃん総決算」

文筆家の中川大地さん進行で、知事・三鉄の橋上久慈駅長・作家でありアイドル評論家の中森明夫さん・漫画家の青木先生に語っていただいております。

 

会場からは「今日のあまちゃんから」の著者:細馬先生も参戦

ここで困ったのがNHKのドラマのシーンを流せないこと

なんといっても1分1万円以上の使用料を払わないといけないわけで

それを解決してくださったのが、

青木先生となかはら☆ももた先生に描いていただいた「あま絵」

あらかじめパネラーの方にお聞きしていた「好きなシーン」を描いていただきました。

しかも無償で・・・ありがとうございます。

あまちゃん好きならこれがどのシ-ンかはわかりますよね。

そして橋上駅長が話した「あまちゃん撮影秘話」には参加した方、全員が感動。

・・・実際にたくさんの方が亡くなった場所で撮影していいのかと

NHKサイドも出演者も葛藤があった。しかし、田野畑のお坊さんがこう話し・・

「仏さんが辛いのは忘れ去られること。どうか後世に残るドラマにしてください」

このお坊さんの話しには出演者皆が涙し、「よし!」と。

大吉駅長扮する杉本哲太さんが先頭となり、3.11のトンネルのシーンへ撮影に入る際の写真が

こちら

 

そんな秘話から、「次のあまちゃんはオラたち地元が」という提言まで飛び出し「あまトーーク」終了。

ステージは変わって、歌って踊って潜ちゃう久慈市のアイドルあまくらぶのステージです。
全員、久慈東高校の3年生。活動は来年の3月までです。
ドラマの挿入歌やオリジナル曲を披露していただきました。

↓ちなみにこの映像は、あまちゃんオフ会、いちげんさん、やまちさん作成。

いちげんさんは、東京から深夜バスで早朝にアイーナ入りし、
盛岡あまちゃんオフ会のやまちさんとともに、音楽と映像とあまくらぶの演出を
担当してくださいました。

そしてフィナーレはパネラーの方とあまくらぶによる御菓子のばらまき。

この箱8つに、久慈あまちゃんオフ会からのお土産や

三鉄の切符がついた「切符カット」も入ったお菓子がぎっしり。

これを豪快に巻いていきます。

 

最後は記念写真

 

この後、盛岡あまちゃんオフ会の岩手ピコさん主催による超あまちゃんNIGHTが

盛岡市内某所で開かれ、関西あまちゃんオフ会のホリーニョ氏ほかたくさんの
コスプレが見られたとか、見られなかったとか・・・。

 

それぞれのあまちゃんサミットは盛岡市内の各地で
日付が変わっても熱く行われておりました。

 

<会場のお片付けの際のエピソード>

細かい御菓子もばらまいたので片付けには相当の時間がかかるものと思っていたら
御菓子の残骸ららしきものは皆無。

また、こういう場合、座席に置き去りにされるパンフレット等もなく、

すごくきれいに片付いておりました。

やっぱりあまちゃん好きに悪い人はいない

カテゴリー: あまちゃん |

伝説の夜!「あまちゃんNIGHT」~2013.10.16開催

この会をいま振り返るなら「嵐のあまちゃんNIGHT」とでもいったらよいのかも。

いやいや本当に前日、台風26号が東北を襲来したのであります。

昼には台風一過となったとはいえ、かなりのキャンセルを予想しておりましたが

当日はなんと60名が集結!!

 

そしてあの大物も「いっぱんだぁーんせぃ~」として参加!

 

東京からはあの中森明夫氏が、♪低気圧にのって北へむかぁうわ~♪と来盛! 

 

いっぱんだんせいの「知事タク」の乾杯からスタートしました! 

まずは初回の4/1放送をみんなでまるっと15分視聴!!

 

 

続いて、事前に調査した「もう一度見たいあのシーンベスト5」から振り返ります。

 

 

これが昔の街頭テレビってこんなんだったのかな?と思うぐらい面白い。

そして「あまちゃん好きに悪い人はいない」と確信するような各テーブルで盛り上がり。

そう、ただただ「あまちゃん」が好きではまって、

「半年楽しかったね」と言い合いたい,

ただそれだけのNIGHT。

メニューには、「あばずれの食べるナポリタン」ほか三陸産のメニューも出していただきました。

こちらは会場となった「バレル」の店長サンです。

 

そして

本日のゲスト

あの海女クラブのフレディー・マーキュリーののコスプレで

大ブレイクした花巻珠子さんを演じた伊勢志摩さんの実姉さんから

「妹を語る」コーナー

 

伊勢志摩さん、鼻が高くして 劇団「大人計画」では昔から外人の役が多かったらしい。

あのメイクもご自分でされてるそうです。

そんなエピソードを聞いたあと、なんと当日までナイショにしていた

ご本人からの生電話です!!

そして、会場からのリクエストで聞いたあの名セリフ

「わがるやつだけわがればいい」!!

 これはホントウに涙モノでした。

 

 

そして最後は出店者の方々からのプレゼント争奪大ジャンケン大会!!

 

CDは村定楽器店 

あまちゃん関連本をさわや書店さん

 

まめぶと「あまちゃん」放送開始の頃のNHKステラは県庁地下生協さん。

ステラは今やお宝本で凄い値段になってるみたいです。当たった人、超ラッキーですよ。

 

そしてあまちゃん半纏やTシャツは巴染工(株)さん

 

 

ほかこの日のために書いていただいた「あま絵」も

 

 

知事タクも参戦

 

最後は中森明夫さんで〆 

 

みんなで記念撮影~!(知事タクは21時でお帰りになった後でした。)

 

なお、「もう一度見たいあのシーンベスト5」はこちらのブログを見てください。

 http://ameblo.jp/novia-jyosi100/day-20131019.html

 こちらも

http://ameblo.jp/novia-jyosi100/day-20131017.html

 

 

多くの「あまちゃんNIGHTプロジェクト」のメンバーのご協力あって開催できた

NIGHTです。

もう一度みたいあのシーンは、この方のDVD全編予約がないと出来ませんでした。

明日美さんです。

 

みんながつけてたお手製ペンダントはもと保母さんの力作です。

好きな出演者の顔をシールで貼れるようになっています。

 

その他、写真撮り忘れちゃいましたが、裏方メンバーの方々・・・。

そしてなによりも前日が台風26号のさなか、会場へ来てくださった60名の方々

ありがとうございます!!

 

<後日談>

そしてこの日のNIGHTはこれだけに終わらず

「関西あまちゃんオフ会」との交流~盛岡あまちゃんプチオフ会の開催と続き

ついに、「あまちゃんサミット」8/30~31に岩手で開催が決定!!

全国のあまちゃんファンのみなさま、8/30~31は岩手へ集結ですよ!!

 

 

 

カテゴリー: あまちゃん |