大人のおけいこクラブ第42回報告~「スナックで平成を歌おう」2018年12/22開催~

2018年最後の大人のおけいこクラブは恒例の「スナックへ行こう」第3弾!

 

今年のテーマは「スナックで平成30年間を歌おう」

 

 

会場はFirst

盛岡市中央通2-1-5 陣ケ岡第2ビル3階 First(電話:019-652-8118)

 

昨年からは、クリスマス3連休の初日にぶつけるようにしておりますが

毎回、参加者が増え、今回は
17名の女子、30代から60代まで参加していただきました。

 

私が午前中、「平成30間のヒット曲」をせっせと内職し
プリント3枚にまとめ、持参。

 

スタートは平成元年のプリンセス プリンセス「Diamonds」

 

 

▼かんぱーい

 

いやー、この回は伝説です!!

 

今年は、歌う人も多かったけれど、まあ、みんな踊る、踊る。

 

 

 

ママが用意してくれた秘密兵器,振って、振りまくる。

 

 

 

 

あまりに激しいダンスに写真が追い付いておりません。

 

 

お酒や食べ物も充実してました。

みなさん、本当に差し入れ、ありがとうございました。

とくにも、参加できないのに、大量のビールをまるで酒屋さんのように会場へ

届けてくれたA様、ビール、ほとんど消費したはずです。

 

 

 

 

いちばんの盛り上がりは
「U.S.A」と「女々しくて」

 

爆笑の動画は、参加者だけの秘蔵映像となりました。

 

 

この写真では4人ですが、全部で17人踊ってます。

パノラマでないと入りません。

 

 

というわけで

15時から18時の予定が
15時から19時半まで開催。すでに4時間半の宴。

 

1回解散したあとも

20時からプラスの料金お支払いし、2次会。

解散したのが24時半。

 

 

私、1か所のお店滞在最長記録を更新しました!

15時から24時半って、9時間半!!

 

 

いやーー、それにしても
今年度はほんと最高の盛り上がり、ライブでしたねえ。

 

 

 

 

▼これは「キャンディーズ」の解散写真です、きっと。
もうひとり加わればSPEEDの解散写真

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~その他 |

大人のおけいこクラブ第41回報告~「正しいストレッチ」2018年12/9開催

なぜ、「ストレッチ」をテーマにしてみようかと思ったかというと

そういえば、誰にも教えてもらったことないけど、合ってるのかな?と疑問に思ったことがきっかけです。

 

そして、おけいこクラブにしては珍しく男女参加OKにしてみました。

 

 

 

講師は、中田幸恵先生

前日まで「悩みに悩みました」ではじまったお話、
この意味が最初、私にはわかりませんでした。

 

 

 

まず、ストレッチの目的と歴史から話は始まりました。

どうやら、まだ最近のことのようです。

 

 

続いて、ストレッチの目的。

 

これを見ると、やはり運動する前と後でやる
ウォーミングアップとクールダウンそのものなんですね。

 

そして、今日の参加者のなかに
「私、身体が硬いんんですけど、大丈夫でしょうか?」という問い合わせがあったのですが
頑張っているのに、身体がやわらかくならないのは
筋肉の「伸張反射」というものが原因だそうです。

 

 

つまり、
急に勢いよく伸ばされた筋肉は、「筋肉が切れてしまう」というSOSを発信し、
逆に「縮みなさい」という指令を出すのだそうです。

 

 

なので、正しいストレッチとは

グイグイ伸ばすのではなく ルールが必要なんだそうです。

 

 

この「伸びてるな~」と感じるところでストップ ですねえ。

 

 

というわけで、さっそく実践編

腿(もも)裏のストレッチ

 

 

 

 

私はこの時、はじめて気がついたのですが
ストレッチをしましょう!!
といっても、まずは、そのポーズがとれない人がいるんですね。

 

なので、ストレッチの前に、可動域を広げてあげる必要があるんだと
初めて、気が付き、
中田先生が、悩みに悩んだという意味を理解したのです。

 

ストレッチこそ、運動の1だろうと思っていたけれど

実は違いました。

その前のゼロがあり、
すでに、その部位に痛みやコリのある人には
コンディショニングという「筋肉を整える」ことからスタートする必要があったのです。

 

これは、運動してる、してないともまた違うと思いました。
むしろ、運動している人には、身体のクセがあり、
どこかにすでに負荷がかかっているとも感じました。

 

今回の発見は、
27名という大変多くの方に参加していただいたことと、
私が見学者だったからこそ、気がついいたのだと思います。

 

 

 

 

たとえば、こんなコンディショニングをいれてから
先ほどと同じストレッチをすると

みなさん「楽~!!」とおっしゃいます。

 

これは、タオルをまいて、タオルで軽く、上げ下げする

 

クセを直していきます。

 

 

 

この日、やったのは

①腿裏のストレッチ

 

②腿の付け根のストレッチ

 
③腰のストレッチ

すみません、写真なしです。
 
④おなかのストレッチ

これも写真がないのですが、寝て膝をかかえるようなポースです、
(下っ腹がでてる私はやりにくいポースね)
 
⑤体側のストレッチ


 
 
⑥首のストレッチ

 

⑦肩のストレッチ

これね、ウルトラマンのスペシウム光線みたいに、ばってんする方法じゃなくて
こうやって、反対側の手で支えて引っ張ったほうが、伸びてるな~って感じします。

 

 

そして、あっという間に75分は過ぎて
最後に中田先生からメッセージが。

 

 

 

運動にもさまざまな流行り、廃りがあって
どんどん新しい「これが健康にいい」という情報がでてきます。

が、それで体を壊してしまう人もいるのも事実。

今の自分がやっていい運動なのかどうか
それを相談できる専門家が必要だと思います。

 

 

 

今回、時間が少なかったと感じましたので
2月に、「ストレッチとコンディショニング」の組み合わせで
第2弾を行う予定です。

 

2/3(日)の午前中、盛岡市総合プール会議室の予定です。

乞うご期待!

 

 

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |

大人のおけいこクラブ第40回報告~「自分のファンを増やし続ける方法」2018年10/27開催~

 

いつも好評の「ママさんシリーズ」

 

 

人生には3つの坂があるらしいですが
その、上り坂、下り坂、ま坂 を経験した老舗スナックのオーナーママ、
百合子ママが今回の講師です。

 

 

会場はこちら

盛岡市大通で28年目のスナック 「樹里杏」

 

おかげさまで21名の女性に来ていただき
店内は、カウンターも3つあるボックスも満杯。
セミナーは
ママの波乱万丈の半生を追うように始まりました。

 


ここで、

ママの経歴をざっと紹介すると

 

30才で12年勤務した大手化粧品メーカーを退職。
全くの未経験ながらも夜のママへ転身。
その後、ブティック、ラウンジ、パブ、スープカレー店と事業を多角化、自社ビルを持つまでなる。
順風満帆と思われた時、腹心の裏切りにあい、一夜にしてまさかの借金2億。
そこからの紆余曲折を経て、現在、お店は28年目。

そして、現在の顧客数1500名!!

 

いやいや、ほんとに凄いです。

 

 

ママは、商売に関しては嗅覚で動くというか
「できるんじゃないかしら?」⇒「やってみよう」の人です。

 

 

夜の店も、

事業を多角化してブテイックを出す時も、全部未経験。

しかし、まるで思いつきで始めたように見えるビジネスの
その後の行動力が半端ない。
たとえばブテイックの時は

渋谷の109に行き、売ってる服のタグを見て
メーカー名を控え、その場で電話し、取引の交渉をしています。

 

そして、発想がお客様目線。

 

例をあげると
・夜の店が流行って入店できないお客様が出たとき、
隣の空き店舗を借りて、待合室にし、待合室においているドリンク、酒類は、無料をした。

・ブテイックの営業時間は
水商売の女性たちがお客様を連れてきやすい

昼の12:00~夜中の3:00までにした。

 

などなど。

 

 

こうして、まさに人生の上り坂を極めていったママでしたが
経理を一手に任せていた腹心の裏切りにあい

借金2億円。
さらには、店のチ―ママにも独立されてしまいます。

 

ストレスで、耳も聞こえなくなったそうですが
「ここで逃げたら、保証人になっている実父に請求がいく。
逃げるわけにはいかない」
と、腹をくくります。

 

そして、一発逆転をねらって上海に店を出したり
このあたりになると、「映画007の世界」です。

 

「お金があった頃、私のお金だけが目当てだった人は
お金がなくなると去っていった。」
「あること、ないこといわれたが、何をいわれても
口答えも、人のせいにもしなかった」

 

ほんとに地獄を見たママですが
「今は、あの時、受けた恩を誰かに返している時期」といい
「人間関係がある意味淘汰され、今は毎日が幸せ」と語ります。
さて、ファンを増やし続けるポイントが
セミナーのなかでは、なかなかお伝えできなかったかもしれませんが

若干、私の主観も入れながら、お伝えすると

 

①気取らない。(特に女性のお客様へ)
②人のせいにしない。
③人に尽くす。

④「今がいちばん幸せ」という気持ちで仕事する
⑤お金を追いかけるのではなく、人のつながりを追いかける。

 

③の人に尽くすは
とくに、自分が店を始めたばかりの時、借金で地獄を見た時、

自分が苦しかった時に応援してくれた人の御恩は絶対に忘れない。
その恩を、本人にはもちろん、他の人にも返す気持ちで働いている。

 
そういえば、ママの口癖に
「私ができることはするよ、でも出来なかったらごめんなさい」
があるなあ。。。と思って聞いてました。

 

 

「人に尽くす」は店のなかだけでなく、
「その人が困っていること」を気にかけ、
店外でも役にたつ存在であり続けること

のような気がします。

 

そして、④
ママは毎日、「今日は誰と会えるかな?」と店に行くのが楽しみなんだそう。
幸せそうに働くママの姿を見に
ぜひ、お店にも行ってみてください。

 

<樹里杏>
盛岡市大通1-9-20 さくらビル1階

電話:019-625-3161
営業時間:19:00~25:00  日・祝日はお休み
http://www.foul.co.jp/shop/jurian/index.php

 

 

 

▼マムズ・オーブンのクリーミィーチーズケーキも美味しかった~。

 

<マムズ・オーブン>
盛岡市長田町15-33

電話:019-656-6208

営業時間:11:00~18:30
営業日に注意! 水曜日から土曜日の4日間です。

https://www.facebook.com/momsovenmorioka/

 

 

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~シゴト~ |

大人のおけいこクラブ第39回報告~「気になる更年期」2018年9/2開催

これまでも過去2回、「女性ホルモン」をテーマにして開催してきましたが
今回は対象をぐぐっと絞って、テーマは「更年期」
39才からアラカンの方まで、22名の女子に参加していただきました。

 

更年期というのは
閉経を境にした前後の5年間、合計10年間をいいます。
 
閉経の平均年齢が50才とすると
45才~55才がその方の更年期となるわけですが、
男性ホルモンがゆるやかーに減るのに比べ
女性ホルモンは、ほんとにガクンと減ります。
 
排卵しなくなった卵巣に指令をだす脳の視床下部がパニックを起こし、
「どうしたんだ、排卵するんだよ~」と若干ヒステリー気味に指令を出すのが更年期。
 
視床下部というところは、自律神経の司令塔でもあるので
自律神経失調症のようなさまざまな症状が出てくるわけでございます。

 

 

講師は、ハッピーバース研究会の代表、多田まゆみ先生。
助産師さんです。

 

いやー、ほんとにわかりやすい話でした。

クイズからスタート
「子宮の大きさは?」

ちなみにレモンは筋腫がある人サイズだそうで、小さめのピーマンが正解。

「卵巣の大きさは?」

閉経すると、子宮や卵巣の大きさも小さくなるんだそうです。

体って、凄いですね。
 
 
「卵子の数がいちばん多い時期は?」

なんとこれは胎児の時。
つまりお母さんのお腹にいる時なんですって~。
 
ですので、妊娠中のお母さんのお腹にいる子がもし女の子だとすると
それは3世代の命が(お母さん、赤ちゃん、赤ちゃんのなかの卵子)ある状態。

「命を継ぐって素敵~」

という話も織り交ぜながら、お話されていきます。

 

さて、、更年期の話し。

数の上でよくある更年期症状は
「ホットフラッシュ」「冷え」「不眠」だそうです。
 
そして、女性のなんと9割が
何らかの更年期症状がある(自覚している)
9割の人が、自覚症状あるということなので
本来は、もっともっとオープンに更年期について語れるようにならなきゃいけないんですよね。
 
 
そして、この日、私がもっとも印象に残った言葉がこちらです。

「更年期」の「更」は、あらたまる、変えるの意味。

The turn  change of life
次の新しいステージへ更新する期間


そして、セミナー終了後は、北ホテル特製の薬膳ランチ


 
 
私は、おそらく更年期後期にいるような気がします。
 
 
これまで、「自分には更年期はないもの!」と思ってきましたが
今年の上半期、不眠からくる体の不調に悩まされました。
 

ただし、それは見方を変えれば
多田先生おっしゃるように
「次の新しいステージへ更新する時間」

気力だけでは、もう無茶がきかないよ
ということを体が教えてくれたのかもしれません。
 
 
更年期のつらい症状は、いつか時期がくれば必ず終わります。
 

今の症状は「身体のサインに耳を傾けて」というサインなのだし
これからは子どものことを第一優先ではなく
自分自身を第一優先に考えていっていい、
場合によっては、仕事の仕方も変えていいという
何か「ひと呼吸おいて考える」時期なのかもと
 
少し、前向きに更年期をとらえる気持ちになりました。

 
 
そして、本当はこういう女性の体の話を、男性にも知っておいてもらわなければいけないなあとも思います。
 
来年、できるかな・・?
女性が働きやすい世の中、のためにも、検討課題にしておきます。

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |

大人のおけいこクラブ第38回報告~「はじめての資産運用」2018年6/10開催

今回のテーマは
「超初心者向けの資産運用Cafe」

講師は
㈱ヘブンリー・ブルーの島崎崇さん
がんがんにセールスされても困るので
証券会社や銀行に属さないFPの方にお願いしました。
資料が「全部で15ページ」もあります!
この他にも別資料があるのです。

「そもそも銀行の普通預金と、金融商品といわれるものの
お金の増え方は違うんですよ」
ということで
単利と福利の違いから 教えていただきました。

今回、私たちのリクエストは
「少額投資」「節税対策」の商品ということで
「NISA」「積立NISA」「iDeCo(イデコ)」についても解説していただきました。。

 
 

銀行の普通預金の利息ですら

20.315%の税金がかかっているということを初めて理解した私は
昨日の参加者13名の中でもいちばん無知だったと思います。

 

その無知な私が、理解した内容とは
せいぜいがこの程度ですが

 
 

・iDeCo(イデコ)は60才までおろせない→年金だもんね。
・iDeCo(イデコ)は非課税のほか、所得控除もされる
・iDeCo(イデコ)は職業や立場によって月々の上限が異なる
・つみたてNISAは金融庁が許可した145???の商品のみ
・NISA、つみたてNISAはいつでもおろせる。
・NISAは投資の上限が年間120万の最大5年、
つみたてNISAは年間40万の20年間(最大800万】まで非課税

 
 

何せ、投資信託の商品は今や6000もあるらしいです。

実際に、株やNISA、投資信託をやっているという方もちらほらいてその後の、質疑応答も白熱しておりました。

 

 
 

というわけで
「シトロンさんのシフォンケーキにつられてきました!」
という方も、前のめりになって聞いた資産運用Cafe。

 
 
こちら、セミナー終了後のシトロンさんシフォンケーキです。

 
右端に映っているかわいいアンヨは
3か月の赤ちゃんのアンヨよ~

そして「食いかけですが・・」と参加者のMさんが送ってくれたた画像もおもしろいので、載せときマース。
 

 
 

あれから、6か月。
食いついて、質問していた皆様、何か始めてみましたか?
それとも普通預金の通帳眺めていますか?

 

 

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~マナー&教養~ |