大人のおけいこクラブ~美容~

大人のおけいこクラブ第41回報告~「正しいストレッチ」2018年12/9開催

なぜ、「ストレッチ」をテーマにしてみようかと思ったかというと

そういえば、誰にも教えてもらったことないけど、合ってるのかな?と疑問に思ったことがきっかけです。

 

そして、おけいこクラブにしては珍しく男女参加OKにしてみました。

 

 

 

講師は、中田幸恵先生

前日まで「悩みに悩みました」ではじまったお話、
この意味が最初、私にはわかりませんでした。

 

 

 

まず、ストレッチの目的と歴史から話は始まりました。

どうやら、まだ最近のことのようです。

 

 

続いて、ストレッチの目的。

 

これを見ると、やはり運動する前と後でやる
ウォーミングアップとクールダウンそのものなんですね。

 

そして、今日の参加者のなかに
「私、身体が硬いんんですけど、大丈夫でしょうか?」という問い合わせがあったのですが
頑張っているのに、身体がやわらかくならないのは
筋肉の「伸張反射」というものが原因だそうです。

 

 

つまり、
急に勢いよく伸ばされた筋肉は、「筋肉が切れてしまう」というSOSを発信し、
逆に「縮みなさい」という指令を出すのだそうです。

 

 

なので、正しいストレッチとは

グイグイ伸ばすのではなく ルールが必要なんだそうです。

 

 

この「伸びてるな~」と感じるところでストップ ですねえ。

 

 

というわけで、さっそく実践編

腿(もも)裏のストレッチ

 

 

 

 

私はこの時、はじめて気がついたのですが
ストレッチをしましょう!!
といっても、まずは、そのポーズがとれない人がいるんですね。

 

なので、ストレッチの前に、可動域を広げてあげる必要があるんだと
初めて、気が付き、
中田先生が、悩みに悩んだという意味を理解したのです。

 

ストレッチこそ、運動の1だろうと思っていたけれど

実は違いました。

その前のゼロがあり、
すでに、その部位に痛みやコリのある人には
コンディショニングという「筋肉を整える」ことからスタートする必要があったのです。

 

これは、運動してる、してないともまた違うと思いました。
むしろ、運動している人には、身体のクセがあり、
どこかにすでに負荷がかかっているとも感じました。

 

今回の発見は、
27名という大変多くの方に参加していただいたことと、
私が見学者だったからこそ、気がついいたのだと思います。

 

 

 

 

たとえば、こんなコンディショニングをいれてから
先ほどと同じストレッチをすると

みなさん「楽~!!」とおっしゃいます。

 

これは、タオルをまいて、タオルで軽く、上げ下げする

 

クセを直していきます。

 

 

 

この日、やったのは

①腿裏のストレッチ

 

②腿の付け根のストレッチ

 
③腰のストレッチ

すみません、写真なしです。
 
④おなかのストレッチ

これも写真がないのですが、寝て膝をかかえるようなポースです、
(下っ腹がでてる私はやりにくいポースね)
 
⑤体側のストレッチ


 
 
⑥首のストレッチ

 

⑦肩のストレッチ

これね、ウルトラマンのスペシウム光線みたいに、ばってんする方法じゃなくて
こうやって、反対側の手で支えて引っ張ったほうが、伸びてるな~って感じします。

 

 

そして、あっという間に75分は過ぎて
最後に中田先生からメッセージが。

 

 

 

運動にもさまざまな流行り、廃りがあって
どんどん新しい「これが健康にいい」という情報がでてきます。

が、それで体を壊してしまう人もいるのも事実。

今の自分がやっていい運動なのかどうか
それを相談できる専門家が必要だと思います。

 

 

 

今回、時間が少なかったと感じましたので
2月に、「ストレッチとコンディショニング」の組み合わせで
第2弾を行う予定です。

 

2/3(日)の午前中、盛岡市総合プール会議室の予定です。

乞うご期待!

 

 

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |

大人のおけいこクラブ第39回報告~「気になる更年期」2018年9/2開催

これまでも過去2回、「女性ホルモン」をテーマにして開催してきましたが
今回は対象をぐぐっと絞って、テーマは「更年期」
39才からアラカンの方まで、22名の女子に参加していただきました。

 

更年期というのは
閉経を境にした前後の5年間、合計10年間をいいます。
 
閉経の平均年齢が50才とすると
45才~55才がその方の更年期となるわけですが、
男性ホルモンがゆるやかーに減るのに比べ
女性ホルモンは、ほんとにガクンと減ります。
 
排卵しなくなった卵巣に指令をだす脳の視床下部がパニックを起こし、
「どうしたんだ、排卵するんだよ~」と若干ヒステリー気味に指令を出すのが更年期。
 
視床下部というところは、自律神経の司令塔でもあるので
自律神経失調症のようなさまざまな症状が出てくるわけでございます。

 

 

講師は、ハッピーバース研究会の代表、多田まゆみ先生。
助産師さんです。

 

いやー、ほんとにわかりやすい話でした。

クイズからスタート
「子宮の大きさは?」

ちなみにレモンは筋腫がある人サイズだそうで、小さめのピーマンが正解。

「卵巣の大きさは?」

閉経すると、子宮や卵巣の大きさも小さくなるんだそうです。

体って、凄いですね。
 
 
「卵子の数がいちばん多い時期は?」

なんとこれは胎児の時。
つまりお母さんのお腹にいる時なんですって~。
 
ですので、妊娠中のお母さんのお腹にいる子がもし女の子だとすると
それは3世代の命が(お母さん、赤ちゃん、赤ちゃんのなかの卵子)ある状態。

「命を継ぐって素敵~」

という話も織り交ぜながら、お話されていきます。

 

さて、、更年期の話し。

数の上でよくある更年期症状は
「ホットフラッシュ」「冷え」「不眠」だそうです。
 
そして、女性のなんと9割が
何らかの更年期症状がある(自覚している)
9割の人が、自覚症状あるということなので
本来は、もっともっとオープンに更年期について語れるようにならなきゃいけないんですよね。
 
 
そして、この日、私がもっとも印象に残った言葉がこちらです。

「更年期」の「更」は、あらたまる、変えるの意味。

The turn  change of life
次の新しいステージへ更新する期間


そして、セミナー終了後は、北ホテル特製の薬膳ランチ


 
 
私は、おそらく更年期後期にいるような気がします。
 
 
これまで、「自分には更年期はないもの!」と思ってきましたが
今年の上半期、不眠からくる体の不調に悩まされました。
 

ただし、それは見方を変えれば
多田先生おっしゃるように
「次の新しいステージへ更新する時間」

気力だけでは、もう無茶がきかないよ
ということを体が教えてくれたのかもしれません。
 
 
更年期のつらい症状は、いつか時期がくれば必ず終わります。
 

今の症状は「身体のサインに耳を傾けて」というサインなのだし
これからは子どものことを第一優先ではなく
自分自身を第一優先に考えていっていい、
場合によっては、仕事の仕方も変えていいという
何か「ひと呼吸おいて考える」時期なのかもと
 
少し、前向きに更年期をとらえる気持ちになりました。

 
 
そして、本当はこういう女性の体の話を、男性にも知っておいてもらわなければいけないなあとも思います。
 
来年、できるかな・・?
女性が働きやすい世の中、のためにも、検討課題にしておきます。

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |

大人のおけいこクラブ第34回報告~「初めてのベリーダンス」2017年3/23開催~

結局、運動系のおけいこクラブは2017年、これ1個でしたなあ・・
(2017年12/31つぶやき)

 

年度末につき
異動とか卒業とか送別会とかいろいろで、、、
参加者は7名でしたけど、そりゃー,そりゃー,アツイ夜でしたわ。

 

まずは、ショーに先駆けて
Farasha(ファラーシャ)さんより、ミニセミナー。
ファラーシャさんは、ロンドンへ留学してたときに
ベリーダンスと出会い、とりこになったそうです。

 

ベリーダンスのメイクに時間がかかるそうで、
お顔はすでにショーのメイクのまま。

 

 

しかし、見て!
このナイスBODY。。。
姿勢もすてき。

お顔もすんごく小さい。
うそでなく、私の握りこぶしぐらいの大きさ!!

 

ベリーダンスは8000年の歴史がある世界最古の踊りといわれ,
もともとは、豊穣を祈願したり、結婚や出産という祝いの席で
披露されるダンスだったそう。

 

オスマントルコの時代に、日本でいう大奥みたいなのがあったらしく
宮廷で披露する際に、今のスタイルになっていったそうな。

 

世界的に有名になったのは
1893年のシカゴ万博で披露されてから。
その時に,このアラビアンアイトの世界を見たアメリカ人が
「VERY BELLY!!」と叫んだかどうかはわかりませんが

以来

英語で、「お腹」を意味するBELLYがついたそうです。
なので「ベリーダンス」という名前は、アメリカ発信なんですね。

ふむふむ・・と関心していたら

 

「では代表的な動きをやってみましょう!」

 

というわけで、手を、しな~とさせながら
上半身動かさず、お腹を動かす・・・というのを
やってみました。

 

フラ経験ありとか、いろいろなダンス経験ありの方が
いらして、みなさん結構、サマになっています。

 

が、私
どう見ても、手が「天城越え」

あなたとぉ~越えたい、

天城ごーーえぇーーー

 

かるーく汗をかいたあとは
食事で、「生パスタ」をいただきました~!!

で、いよいよショーの開始。

 

が、照明が暗くて、けっこう必死に写真とったものの
どれもブレブレ。。

 

ベリーダンスを撮るには一眼レフが必要でした・・・。
で、これしかない。。。

 

 

最後は、記念写真

 

次に
「ちょっと手をつけましょう」の声で撮ったとがコレ。

このときも、

私の手は、「お手」になってますわ。

でも楽しかったわーーー。

 

 

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |

大人のおけいこクラブ第20回報告~「35才からのウェデングドレス」2014年11/24開催~

女子限定のイベントとして開催してきた「大人のおけいこクラブ」も20回目。

今までいろいろやってきたけれど、
開催後の反響の大きさでいえば
今回が最強ではないだろうか・・

 

参加した方がフェイスブックに投稿してくださって
おそらく600人、いや1000名近いのかな?
とにかくいろいろな方から「いいね」やらコメントを頂戴しました。

 

そのイベントとは

「35歳からのウェデングドレス!」

以前に「35歳からのメイクレッスン←クリックしてね!
を開催したことがあったけど、シリーズ第2弾!!(そんなシリーズあったのか?)

 

会場は ブライダルハウスSOBI さん!
婚礼はもちろん、卒業・入学・成人式・七五三の貸衣装が揃っております。
3階にはプロカメラマンのいる専用スタジオも完備。

 

成人式の前撮りシーズン到来のなか
このイベントのために
11/24(祝)の午前中、お時間をあけていただきました。

 

「早く着いた方からお衣装を選んでいただきましょうね」
ということで、すでに10時前にはこんな感じ。

 

私がお迎え終えて会場ついたら、
ウェデングドレス姿で初対面!という方もいらっしゃいました。

 

全員揃ったところで
SOBIの千葉様より
「最近のウェデング事情」についてお話を聞きます。
すでに着替えた方もいらしたので
一部はドレス姿のまま、話を聞くという珍しいパターン

大人婚とフォトウェデングが増えてるそうな・・・
盛りあがったのは
「大人婚ナラデハの体型のお悩みにあわせたデザイン選び」

 

〇二の腕や背中の肉
出してしまえば花嫁オーラで大丈夫!らしいですが
気になる方は、
ヴェールや取り外しできるお袖やボレロタイプがあるらしい。

〇下腹
マーメイドラインはシルエットが出るので、
ウエストから裾が大きく広がったたタイプのドレスを選ぶ。

 

お悩みは小太りさんからだけではなく、痩せさんからも。
「鎖骨や胸元が貧相・・」という悩み。

その場合は、アクセサリーでカバーするのだそうです。

たとえば シンプルなアクセサリーよりも

ゴージャスなものをつけてしまおう!
そうすると気にならないそうです。

 

お肌のくすみについては、似合う色を選ぶ。

白といっても、純白・オフホワイト・シャンパンゴールドに近いもの
とあるそうで
「お肌をいちばん美しく見せるお色を選べば問題なしですよ」

 

さ、「ひとり2着までオーケーですよーー」
という私の掛け声とともに試着開始!!

 

ドレス選び⇒試着⇒髪のアレンジ
⇒3階へあがってポイントメイクなおし⇒各自で写真
という流れです。

 

ウェデングドレスのファッションショーみたいなことになっております。

「きゃ!!かわいいーーーー」「素敵ーーーー」
という声が。

 

アドレナリンなのか、女性ホルモンなのか
何かが会場にみなぎっているのを感じます!

 

「ちょっと本当に35歳以上なのーーーー?」
という声があがったのがこちら

メイドさんみたいでCUTE

 

ケアケア、メイクさんは大忙し
今日のヘアケアはSOBIさんの社員の方。

 

メイクは ㈱サンドリーム(ノエビア盛岡中央販売)様に
お願いいたしました。

サンドリームさんでは、
「似合う色を選ぶベストカラー選び、
パーソナルカラー選び」のサービスをしております。
気になる方は、サンドリーム さんをクリックしてご予約を。

 

カラードレス姿も激写!
ご本人のカメラをお借りして撮影は私。

高貴だわ。。

 

・・・ということで最後は全員で記念写真~!!

こちらは、SOBIさんの社員さんが撮影。
もちろんこの後、10台のカメラやスマホで激写。

 

今回、祝日の午前中にも関わらず
快諾していただいたSOBIの阿部社長
「これだけたくさんの花嫁さんの集合写真は初めてです!!」

メイクを担当してくださったサンドリームの小松専務

同じくメイクを担当してくださった阿部チーフ。
後ろの花輪がチャーミングです。

皆様のご尽力がなければ開催できませんでした。
改めて御礼を申し上げます。

 

そして今回の反響の大きさに
SOBIさんでは新たなフォトプランが誕生!!

それは
「おひとりさまウェデング」
通常のフォトウェディングと同じながれで

衣装+アクセサリー+ヘアメイク+着付け+プロカメラマンによる撮影
+ワンポーズミニアルバム付で

30,000円 (税別)!!

未婚者だけではなく、「かつての写真が失敗した・・」と
思っている既婚者の方もどうぞ。

お問い合わせは、SOBIさんへ 0196517324 です。

女性は永遠にお姫さまなのです。

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~, 未分類 |

大人のおけいこクラブ第19回報告~「女性ホルモン」2014年10/26開催~

大人のおけいこクラブ。
女性限定の会で毎回、テーマを設けて開催しております。。。。

今回のテーマは「女性ホルモン」

 
講師の先生は、岩手県立大学看護学部教授の福島裕子先生。

福島先生には一度講師をお願いしたいとずっと願っていた先生です。

実は、福島先生も双子の母で、
私が、滝沢村の多胎児親の会「たわわ倶楽部」の会長をしていた時に
いろいろお世話になったのだ。

15年ぶりぐらいの再会。

 

セミナーには「リプロダクティブ・ヘルツ」という題名がついており
「安全で満ち足りた性生活とは?」という質問から
始まった。

※ちゃんと「大人のおけいこクラブ」って書いてくれています。

「リプロダクティブ・ヘルツ」とは「性と生殖に関する健康・権利」と

訳されるそうですが、先の質問とあわせると

「体が傷つかない」「感染症にかからない」「合意の上」
「のぞまない妊娠をしない」・・・といろいろあるのだそうですが
「性について自己管理と自己決定ができること」
という意味になるらしいです。

 

そのために
まずは「女性の持ち物」について理解しましょう ということで、
こちらのイラスト

これが模型となったのがこちら!!

けっこう絵でみるより衝撃度高いです。

 

さらに、それを「体で表現すると」こうなります。

「子宮になってみましょう」

福島先生自ら実践していただきました。

胴体が子宮で、両腕が卵管、指が卵巣かな?

 

そしてこちら 私もはじめて見た
婦人科検診に行って、膣内を診断するために使うのがこれですって。

衝撃度MORE!!

 

ビックリしたのが
これにMとかLとかサイズがあることなのよーー。


・・・と驚いている間に「生理のしくみ」について
話が進んでおりました。

排卵の瞬間!!

自分のからだのなかで毎月起こっている(または起こっていた・・)ことだけど

こうして映像みるとドキドキしますね。

 

なお生理について
「ちょっとおかしいのかな?」と思う判断材料としては
痛み・・・日常生活を送れない、寝込む日がある
量が多い・・・1時間で普通サイズのナプキンがいっぱいになる

をあげていました。

 

そしてこれらによいのが「低用量ピル」

「今や、副作用の反対の副効用のほうが多い」そうで

なぜならこんなふうに
ホルモンを一定量に保つことができるから。


 

以前、「女性が心身ともに絶好調なのは1か月のうちに
7日しかない」というお話を聞いたことがあるけれど
これなら生理前のイライラ等のPMSもないらしい。

 

が、
女性のライフサイクルは変わった。。。

初潮年齢が低下し、晩婚に少子化
つまり卵巣が休む間がなくなり・・・
結果、いろいろな病気を患う方が増えています。

 

しかも卵巣の寿命は40年だそうで

35才を過ぎると明らかに「卵子のもとの数」が減ってくるのだそうです。

 

卵巣の老化が「更年期」

私は今回はじめて知ったのですが
閉経の定義ってのがあって
「1年生理がこないと閉経」だそうです。

 

この後、更年期の諸症状とそれに対する対策も
(ホルモン補充療法など)も説明していただき

長期投与では骨粗しょう症や動脈硬化の予防にもなるんだそうな。

 

福島先生いわく、更年期も悪いことばかりではなく
「妊娠の心配がなく性を楽しむことができる」
というようなプラスの面もあるそうです。

決して「義務」ではなく「楽しむ」のだよ。

すでに
おっぱいもむより肩をもんでほしいまきさんは
どーするんでしょう?

 

更年期ってどうもマイナスに考えがちだけど
「プラスに考えてみましょう」というのは新しい発想でしたねーー

 

そして
更年期というのは
「いままで家族のため、だれかのため」に生きてきた女性が
「私が私らしく生きる事:」ができる時期

「第2の思春期」ともいうらしい。。

なるほど。

たしかに体型も大きく変わりますし、人生についてもいろいろ考える時期でもあります。


まとめとして

「自分のからだの持ち物を理解し、
自分を愛し、大切にしてください」

「女性らしく生きるのではなく
自分らしく女性を生きていきましょう」

福島先生にいわれると本当にそうだなーーと思えるから不思議。

 

その後は、北ホテル 料理長特製の
「ホルモンバランスを整えるランチ」

 

「柿と小松菜の白和え」「豆乳鍋」「カツオユッケ風」
「きのことキャベツのサラダ」「さつまいもごはん」「フルーツ」

女性ホルモンにどのようによいのか?を書いたレシピもいただきました。

北ホテルのマネージャーの近藤さんは、管理薬剤師の資格をもっていらして

本日は近藤さん監修のメニューなのです。

症状をお話すると、そのお悩みにはあったハーブティーもブレンドしてくれます。

 

 

参加者の方々です
写真OKの方々のみでーす。

 

下のお写真2枚
なぜみんな虫歯のようなポースをしてるのかは
このテーブルの方だけがわかる意味があるのだった・・・

わがるヤツだけわがればいい!!のよね。

どちらも様も女子トーク中でーす。

 

この後、
福島先生への個別相談が列をなして・・・。
やはり
「婦人科に行ってもなかなか相談しにくいことなんだなあ:」と実感。

 

「女性ホルモン」については
また機会みつけてやりたいなあと思っております。

生理の悩み、更年期の悩み、いろいろありますもんね。

↓なんだかおもちゃのようですが、自分の持ち物をちゃんと理解し、慈しむ、大事です。

カテゴリー: 大人のおけいこクラブ~美容~ |